2014-12-16(Tue)

第47回衆院選挙 総評

 12月の前半期、同学会中執は、「戦争と民営化」に絶対反対で東京8区に立候補した鈴木達夫候補を支援した。京大に国家権力が押し寄せてきた11月前半。京大全体で跳ね返した11月後半。そして「国政を問う」ものとして具体的に応援スタッフとして何度も首都圏に駆けつけた12月前半。

 時代は動乱している。本衆院選挙で安倍政権は、アベノミクスを問う、2年間の政治を問うとし、これから2015年度に向けて進む原発再稼働や増税、秘密保護法の内実、給料の削減、憲法改正、戦争などの最重要テーマを選挙の争点にしなかった。国民の審判としては、与党326で現状維持、野党149は内部で多少の再編、そして投票率は小選挙区選は戦後最低だった前回2012年の59.32%を6.66%下回る52.66%となった。比例選も前回を6.66%下回る52.65%だった。小選挙区選の当日の有権者数は1億396万2784人、投票者数は5474万3907人で、棄権者数は4921万9687人だった。

 もはや「おしゃべり小屋」としての国会は愛想をつかされている。今の社会が仕掛けた最大の政治手段は民主主義における課題を残して終了した。ゆえに勝った安倍政権の側がすでに青ざめている。

 そんな中、逆に選挙の舞台を最大限使って、安倍政権の政治を東京8区から痛烈に食い破る勢力が登場した。「安倍政治を断ち切り、労働者が主人公の社会へ」を掲げ、16981票を勝ち取った鈴木候補である。全ての人民が街頭で、職場学園で階級的団結を作り、天下国家を語り、それが新たな国家の芽と成りうる展望が切り開かれた!12月10日、秘密保護法が施行されたが、既に多くの人民が声を上げ結合を始めている。首都圏学生の勾留10日の釈放は、人民と政権の関係がついに転換したことを告げ知らせるものだ。全ての悪政は闘いへの号砲だ!勇気を胸にそれぞれの闘いを一歩前へ!

中執 大森
2014-12-16(Tue)

第47回衆院選挙 東京8区 投票結果

石原伸晃(自民)11万6193 
円より子(民主)7万3348 
沢田真吾(共産)3万7788 
鈴木達夫(無所属)1万6981
でした。

同学会中執 大森
2014-12-15(Mon)

自民党を追い落とすため、奮闘した鈴木氏と同学会中執

写真 1 (2)

12月5日 杉並で応援演説をする同学会作部書記長
(東京8区の)杉並のみなさんこんにちは。京都大学で学生自治会の書記長をしている作部です。私が今回なぜ、学内の自治会活動を一旦停止させてまで鈴木さんの応援に来たのか!それはまず今回の選挙が「アベノミクス反対」と口先でいう野党と「この道しかない」と私たちに我慢を強いるだけの与党の「とにかく自分に任せろ!」というあまりにひどい現場無視の選挙だったからです。彼らに任せて何が変わるか!アベノミクス、成長戦略で景気が良くなったなどと自民党は言っているが大嘘だ!確かに株を持つ一握りの経営者は儲かったかもしれないが、反面世間では貧困と団結破壊が蔓延した。学生の現場でも成長戦略としての大学改革により、生活を締め付けられる人が続出した。学内規制、単位制度の強化就活の激化奨学金滞納…鈴木さんは現状に妥協せず「仲間と団結して闘おう!」と本当のことを言う。彼自身、NHKで労働問題、反戦番組に取り組み、今は弁護士として労働運動、学生運動の弾圧対策に取り組む筋金入りの闘士だ。「現場にはびこる不合理、矛盾と闘おう。」ここにこそ真実がある!彼を何としても国会に送り込み、日本の政治を頭から変えよう!(作部)

IMG_5364-0-1024x609.jpg
12月6日 300人が集まった街頭演説での鈴木氏の発言
「仲間を裏切らない、一人は万人のために、万人は一人のためにという人生観、道義をもてるのが労働者だ。選挙戦で一人で何ができるのか?という声は私にも寄せられている。しかし私は一人ではない。3ヶ月雇用の非正規職の労働者が組合を作ってストライキをやった。それで解雇になったが、私と共に諦めずに闘って支援を呼びかけ、終に今年復職できた。世界中の闘う労働者たちが深く、広く職場から私を支持してくれている。これが私の大きな力なのだ。1954年5月、この杉並の地から原水爆禁止運動が始まり、1年間で3000万筆以上の原水爆禁止署名が集められた。世界中の核兵器の使用はこうした闘う民衆の行動により止められてきたんだ。安倍政権が集団的自衛権行使の閣議決定でないがしろにしようとしている憲法も、日本の労働者とアジア人民の怒りで支配階級に強制したんだ。
戦後革命といわれるが、1947年2・1ゼネスト、天下国家を労働者が取る寸前までいった。以来60年、70年、そして現在の闘い、日本の労働者人民は血と汗を流しながら誇り高く闘ってきた。この歴史が私の背後にある。職場で闘う労働者の支持と、日本の労働者の闘いの歴史と、それを背負って私は国会に乗り込もうとしている。したがって私は一人じゃないんだ!(鈴木)

中執 大森
2014-12-13(Sat)

衆議院選挙 最終日

今日はいよいよ衆議院選挙の最終日です。
^_^お
鈴木候補の闘いを全国化するぞ!

中執 大森
2014-12-12(Fri)

首都圏学生釈放!


201412121832147ea.jpg
12月1日に公務執行妨害罪で令状逮捕され、その後勾留されていた首都圏の学生が無事、不起訴釈放されました。

そもそも彼は何をやったとされたのか。
それは公務執行妨害。
 その中身としては、11月2日午後4時ごろ、東京都中央区銀座の路上で、デモ行進の規制にあたっていた40代の機動隊員の胸を片手で突き飛ばしたことだといいます。
 
こういうのを俗にでっち上げ逮捕といいます。どういうことか。
思い返せば犯行容疑の日から一ヶ月経ってのありえない逮捕でした。さらに警察官を片手で突き飛ばしたことをもって令状逮捕!?また逮捕当日に彼の実家に家宅捜索が入っています。公務執行妨害の証拠って何?!
11月2日の同件で公務執行妨害で現行犯逮捕されたA,B,C君は、11月21日にすでに処分保留で帰って来ており、また学生運動への弾圧を対策する鈴木氏が、衆議院選挙に立候補する直前に行われたのを見ても、今回の逮捕は、明らかに運動の分散、萎縮を狙った極めて悪質なものです。しかし、惑うことなく東京8区に立候補した鈴木候補を筆頭に、全国の闘いは萎縮することなく前進し、結合を繰り返しています。
心配してくれたみなさん、彼は元気です!
本日の釈放を祝い、それぞれの闘いを一歩前へ!
201412122038377a9.jpg

同学会中執一同
2014-12-07(Sun)

衆議院選挙 鈴木たつお候補の闘いの全国化へ!

同学会中執は、今回の衆議院解散総選挙、300議席を越す勢いだといわれる自民党の支配が、実はもろく、大衆の「戦争と民営化」に対する激しい怒りの前に追い込まれていると捉えています。しかし次に何をするべきなのか提起する候補が野党に一人もいない状況で、投票率は半数を切る所まで来ており、地盤があり組織票を持つ自民党に相対的に票が入る参段になのだと感じています。
鈴木氏は多くの時間を労働者の解雇撤回裁判、法政大学や京都大学などでの学生弾圧の対策に費やす闘う弁護士です。
しかし、この状況を根本的に打開するためには学生運動、労働運動への弾圧対策の弁護士をしているだけではだめだ。それぞれが現場の不合理に立ち向かい、団結を守り抜くことはもちろんのこと、国家権力の圧制に対し、次に現場は何をすべきかの方針を出せる政党を作ろう、労働者が主人公の社会を作ろう!と、東京8区に立候補されたのです。同学会中執は、その決意を支持し、たつお氏の立候補を推薦しました。12月14日の投票日までに彼が大衆の選択肢の一つになるように応援しています。何といっても現実的にはほぼ無名の鈴木氏の主張、存在を広く訴えていく必要があります。12月に入った時点から連日の大街宣です。趣旨に共感し、ボランティアで手伝いたいという人も続出しています。

12月5日
写真
荻窪南口
街宣と一緒にやっている労働相談。少なくとも1時間に1人は来る情勢です。

申し遅れましたが、高揚する首都圏の情勢を一緒に作り、全国に波及させるために、昨日から私大森も東京の街頭宣伝に参加しています。

12月6日
写真 1 (1)
情勢は一変し始めています。聴衆との一体感がすごい。鈴木氏のアジテーションはさることながら、応援弁士が全員闘う労働者、市民、学生、弁護士というのが、他候補との違いであり、目を引く。
阿佐ヶ谷南口 集まる人だかり
写真 4 (1)
300人はいる。
写真 4
ボランティアスタッフに話しかけてくる人が急増。
写真 3
一方何としても運動を解体しようと、公安も連日出没。通路真ん中奥に写っている人が公安です。街宣中に発見され、さらに学生から詰問されたので、12月6日当日はそわそわしていました。
↓学生に詰問され足早にその場を離れる公安
写真 2 (1)
公務執行妨害の容疑で逮捕、勾留されている首都圏学生D君の完全黙秘・非転向の闘いと心を一つに、職場学園の団結を守り抜き、全国に闘いの前進を伝えていきましょう。

中執 大森
2014-12-07(Sun)

衆院選挙 

12月6日 毎日新聞朝刊
写真 1 (2)
自公、民維の「政策論無き共闘」がテーマになっています。
テーマに冠するとおり、憲法九条、消費税増税、集団的自衛権に関する立場が双方で全く違うのです。
写真 3 (1)
一方維新は自民党の3本目の矢、成長戦略、行政改革を肩代わりするといっているだけで、自民党と主張はほぼ同じです。
写真 2 (2)
民主党と維新、その裏で自民党と平和の党たる公明党が共闘している、平和共存しているこの事態こそ、自民党の戦争政治を生き延びさせている唯一の構造形態です。まさに戦時の国家危機を覆い隠す総翼賛体制に相違ありません。
鈴木たつおの真っ直ぐな主張こそ唯一の選択肢です。中執は鈴木氏を応援します。

中執
2014-12-07(Sun)

11.30 高槻現地闘争の報告

遅くなりましたが、簡単に報告を。

11月30日の高槻現地闘争
写真 1
高槻市植木団地に住む植木職人で構成される植木団地労働組合は、その仕事に必要な広大な植木用地を強制的に撤去せんとする市からの脅しに対し、屈することなく絶対反対で闘ってきました。しかし情勢は激しい。植木団地が所属していた部落解放同盟は、闘いの序盤で裏切り、11月30日の追い出し通告を前に、植木団地の組合長に対し除名するという罰則を与えてきました。また市当局や市議会議員などからの切り崩しにあい、組合員が泣く泣く脱退して別の仕事を探す事態にもなっていました。しかし、最後まで闘うと決意した労働者が立ち上がり、登壇し、この地に生き、闘うことを宣言しました。
写真 2
同学会からも闘う京大生が登壇し、11月2日のデモで逮捕された京大2学生が、釈放まで支えてもらったお礼をし、更なる自治会の発展を誓いました。国家の権力機構の不合理を前に、暴動的な決起がいつ起きてもおかしくない状態です。年末に向けて、学生の本音をどんどん引き出し、どう向き合うべきかの一致を作っていけたらと思います。

中執 大森
2014-12-06(Sat)

闘う京大生の登壇

衆議院選挙 東京8区では、闘う京大生が登壇して、檄を飛ばしています。
写真 1 (2)
よく見れば、しゃべっているのは同学会書記長の作部くんです。12月2日から京大同学会から中執の作部が応援に駆けつけているのです。
国政にもかかわらず、かつてなく投票率が落ちるだろうと言われている今回の選挙。自民党が追い落とされる状況にもかかわらず、野党の分裂、裏切り共闘(民主 維新の共闘)、の中で政策が薄まってしまい、期待値が下がっているのが現状です。
労働組合の支持を受ける民主党と、労働組合を解体して、社会保障を切り捨てていく維新の党が協力しているのはもう何が何やら…
新自由主義下の分断、それを助長する勢力の中で、自治会や労働組合の闘いと結びつくことなく、足早に通り過ぎていく多くの人たち。そうした人の脚をとまらせ、心をつかむ檄が重要です。首都東京でも闘う京大生の知名度は高まっています。東京で数千、数万規模の闘いを作り出し、全国、とりわけ京大に波及させよう!
2014-12-06(Sat)

東京8区 20項目 早見

12月5日朝日新聞に東京8区の候補者のアンケート表が載っていました。
東京8区の焦点20
①憲法改正②特定秘密保護法の成立③集団的自衛権行使容認の閣議決定④防衛力の強化⑤先制攻撃⑥北朝鮮への圧力⑦首相の靖国神社参拝⑧サービスが悪くなっても小さな政府が良い⑨公共事業による雇用確保⑩景気回復のための財政出動⑪消費税10%⑫法人税の引き下げ⑬カジノ解禁⑭個人の権利を制約⑮永住外国人に参政権⑯外国人労働者の受け入れ⑰道徳教育の充実⑱規定を満たした原発の運転再開⑲夫婦別姓の法律⑳女性の地位向上のための制度を
写真 1 (1)
写真 2 (1)
各候補者の主張は、結構くっきり分かれています。熟読しましょう。
⑧小さな政府=新自由主義を共産党が認めているのは、興味深いです。
民主党は中間が多いです。野党共闘の影響で、内容を薄めているのでしょうか。迫力が落ちている感じがします。
内容的には、自民党と鈴木候補の真っ向勝負になっています。
新聞を買って読みましょう。
2014-12-05(Fri)

衆議院選挙情勢

12月5日東京新聞
金融緩和 財政出動 成長戦略
自民 公明 「この道しかない」
300議席確実と言われながらの非常に防衛的な立ち位置。自分たちへの支持が、積極的なものではないことを感じているのでしょうか。来たりうる何かに怯えている感じです。
12月5日 読売新聞
中執が応援している闘う弁護士 鈴木たつおさんの立候補した東京8区の面々
写真 1
野党競合を避けるために、少数しか出ていない。
写真 4
写真 3
自民党石原氏と、真っ向対決する鈴木たつお候補
写真 5
今回は共産党の候補者に、民青の人がたくさん出馬しています。確か京都でも民青の人が出馬していました。京都新聞上では、府学連の書記長と書記次長という肩書き付きでしたが、よく見ると40歳と28歳の卒業生でした。自治会の執行部の定義が違うのかもしれません。とりあえず全国で若い民青の人がたくさん出馬しています。
写真 2
山本太郎が応援している円より子さん。
民主党は、全員通っても、過半数に届かないという半ばボイコット気味ですが、いかに。野党議員数を何とか増やそうとする運動は、追い詰められそうです。

今回の選挙の核心は、人民のために闘う候補者を国会に送り込み、その過程で、それぞれの闘う主体が奮い立ち、権力による分断をもろともせずに、一歩前に進むことです。この情勢に刮目しよう!

中執 大森
2014-12-04(Thu)

激動する世界情勢

全世界の闘い(12月1日時点)

香港
2014/12/1 ロイター通信
 民主派の大規模デモが続く香港で1日未明、政府本部庁舎を包囲しようとした数千人のデモ隊に警官隊が警􏰀で殴 りつけたり、催涙スプレーを噴射したりした。
 政府本部庁舎のある香港島の金鐘(アドミラルティ)で は、デモを主導する学生団体が抗議行動を強化しようと呼 び掛け、呼応した群衆が集まっていた。
 警察当局によると、衝突に絡んで少なくとも18人が逮捕された。
 多数の群衆は防護眼鏡などを身に着け、政府本部庁舎周辺地域からの撤退を拒否。「われわれは普通選挙を望んでいる」と叫び、警官隊と引き続き衝突している。

台湾
11月29日ロイター
 台湾の統一地方選は29日投開票され、与党国民党が伝統的に牙城としていた複数の直轄市で市長ポストを失う大敗を喫した。選挙結果を受け、江宜樺・行政院長(首相)は辞任した。
 国民党にとって想定を上回る敗北となったことは、中国との関係強化を図ろうとしてきた馬英九政権の支持率低迷を浮き彫りにした。
 首都機能を担う台北市では、台湾独立を志向する野党民進党が支持する無所属の候補者、柯文哲氏(55)が次期市長に当選。同市の市長ポストは国民党が16年間抑えていた。
 このほか、国民党は台中市の市長ポストも失った。
 今回の統一地方選は、2016年総統選の前哨戦と位置付けられていた。
 馬総統は、国民党は大きな敗北を喫したと述べ、党に対して謝罪。ただ、党の報道官によると、馬総統は国民党主席を辞任する考えはないとのこと。

11月30日読売
台湾の中央通信など主要メディアは30日、11月29日に行われた統一地方選での与党・国民党の大敗を受けて、馬英九(マーインジウ)総統が国民党主席を引責辞任する方向になったと報じた。
 江宜樺(ジアンイーフア)行政院長(首相)も先に辞任を表明している。2016年の次期総統選をにらみ、早期に改革に取り組む姿勢を見せることで党勢回復を図る狙いとみられる。
 馬氏の党主席辞任は12月3日に発表される見通し。後任には呉敦義(ウードゥンイー)副総統(66)のほか、朱立倫・新北市長(53)の名前が上がっている。次期主席は総統選の国民党候補となる可能性がある。朱氏は6大都市の市長選で国民党として唯一勝利したが、辛勝だった点が障害になるとみられる。
一方、中央選管によると、6市長選の得票率は国民党が約41%、最大野党・民進党は約48%だった。台北市長に当選した無所属の柯文哲(クォーウェンジョオー)氏ら2大政党以外への投票は約11%に上った。

アメリカ
11月25日 ロイター
米ミズーリ州セントルイス郡の検事は24日、同州ファーガソンで8月に白人警察官が丸腰の黒人青年を射殺した事件で、大陪審が警察官の不起訴を決めたと発表した。不起訴決定を受けファーガソンでは抗議活動が行われ、一部が暴徒化した。
 セントルイス郡の検事は記者団に対し、大陪審が警察官ダレン・ウィルソン氏の不起訴を決定したと述べた。射殺されたマイケル・ブラウンさん(当時18歳)の遺族は「深く失望している」との声明を発表した。
 オバマ大統領は抗議活動を行う市民らに平和的な活動を続けるよう求め、警察に自制を呼び掛けた。「米国は法治国家であり、大陪審の決定を受け入れる必要がある」と述べた。
 不起訴の発表後、ファーガソンの警察署の周辺では店舗の窓が割られ、少なくとも車両2台が放火された。発砲音も聞こえ、警察は催涙ガスなどを使用した。
大陪審は白人9人、黒人3人で構成された。検事は大陪審の決定が全員一致であったかどうかは明らかにしなかった。

中執 大森
2014-12-02(Tue)

季節の一枚

写真 1 (3)
落ち葉の行列、踏み場なし
2014-12-02(Tue)

コントラスト

写真 5 (13)
写真 2 (14)
2014-12-02(Tue)

10月後半 印象的な記事

取りこぼしていた印象的な記事を紹介します。

201412032246103e2s.jpg
10月26日 法改正に向けた動きが始動していきます。
20141203224609d47fs.jpg
10月中旬、9兆円の自己予算を付けてまで、JRはリニアの着工に着手し、それを国家が承認しました。国家はJRを使って本気で経済成長の撒き直しと、国家総動員体制を作ろうとしています。原発新幹線の輸出が破産しつつある中で、新技術の運用に最後の望みを託した形です。よもや経済成長だけのためではないでしょう。迫りくる戦争や安全保障の補完、自衛権の発動の際に備えての治安政策という部分もあると思います。戦争に向かう際、最も厳しく管理されるのが物資輸送の血脈=鉄道です。今後赤字補填を口実に、業務の外注化・労働者の非正規職化と団結破壊、労働組合破壊が吹き荒れるでしょうが、雇用関係に留まらない治安弾圧の側面も忘れてはならないと考えます。反戦の意味からも立ち向かう必要があると思います。
201412032246099f1bs.jpg
戦後の大学入試や、大学に入ってからの一般教養科目が、二度と戦争をしないための防波堤としてアメリカの介入のもとに作られたことはあまり知られていない・・・。というか中執も2年ほど前に知りました。戦前のエリート教育から脱するために、効果はどうあれ、まず形の上での「平等」を強制したと言われています…そういう意味では今回の改革はまた戦前のエリート教育への回帰とも言えるのか、、、また詳しく調べて報告します。大学入試の変化も実は戦争と深く結びついているとしたら興味深いですね。
2014120f3224606e54s.jpg
朝日新聞の記者がいた大学に辞職を強要する電話がかかってきた件ですが、北海道の方はOB会やら労組が中心になって辞職を防いだらしいですが、大阪のほうは当たり前のように辞職しました。戦争に向かう際、ルールとして形骸化した大学自治は役に立たず、やはり団結に基づいた運動によってしか仲間を守ることはできないことの証左かなぁとおもいました。
20141203224607012s.jpg
最後に田中君。文武両道で礼儀正しい彼を精一杯持ち上げた、京都大学!学生の生命と安全のために動く京都大学!
11月2日の学生逮捕から、11月21日の学生釈放に至る見解と対策を早く出すべきだ!大学が手をこまねいているうちに12月1日には首都圏学生が11.2デモの同罪で1ヵ月たってからの不当逮捕、勾留されている!
田中君のプロ入り確定の時は、ただちに連帯声明を出した山極総長!その風のような早業で、共に国家権力と闘いましょう!
2014-12-02(Tue)

鈴木たつお氏の衆議院選挙立候補を推薦します。

157878163092.jpg
11.12全学緊急抗議行動で講演する鈴木氏(略歴などは「鈴木たつおとともにあゆむ会」で検索すれば出てきます)

 安倍政権の支配が音を立てて崩れて行く中、今冬衆議院選挙 東京8区に、闘う人民の代表として立候補された鈴木たつおさんを、私たち京都大学全学自治会同学会中央執行委員会は推薦します。

 私たちは今回の衆議院解散、総選挙に関してある一つの捉えを持っています。それは「戦争と民営化」を推し進めようとした安倍政権の暴政が、それを血を流しても止めたいとする大衆の決意の前に、見事に滅び去ったのだ、労働者市民が勝ったのだ、という非常に前向きな捉えです。

 京都大学で、この秋から転換的に闘われた「大学の戦争協力拒否」の集会、「この国のために死んでたまるか」のデモ、東京での「戦争と民営化」反対集会への参加、デモで逮捕された学生との団結にかけて打ち抜かれた学内での公安警察の摘発、追放、多くの自治会が参加した全学緊急抗議行動は、そうした大衆の決意が一つの形に結実したものだと考えています。

 強い安倍政権による大義なき選挙、と勝手にやる気を無くす政党も多いですが、安倍政権が目の前で倒れようとしている現況を鋭くとらえ、勝利した民衆が次に何を為すべきか考えるという意味では実は非常に大義ある選挙だと思います。

 あらためて時代は転換点にあります。鈴木さんの「労働者が勝つ時代が来た!一歩前に!」の決意に応えましょう。本選挙を通じて時代を捉えきり、分断を乗り越えて前に進む団結を首都東京で作りきりましょう。その動きは必ずや全国の職場、学園に波及すると信じています。

首都圏の学生逮捕は、安倍政権による最後のあがきです。萎縮することなく、それぞれの闘いをさらに前へ!

2014-12-01(Mon)

首都圏学生への令状逮捕弾劾!

本日12/1昼に、首都圏学生D君が令状逮捕されました。逮捕容疑は、11月2日の反戦デモでの公務執行妨害です。
 公務執行妨害の中身としては、11月2日午後4時ごろ、東京都中央区銀座の路上で、デモ行進の規制にあたっていた40代の機動隊員の胸を片手で突き飛ばしたことだといいます。
 まさかの1ヶ月経ってからの逮捕です。それに警察官を片手で突き飛ばしたことをもって令状逮捕!?そんな話聞いたことがない!
11月2日の同件で公務執行妨害で逮捕されたA,B,C君は、11月21日にすでに処分保留で帰って来てるぞ!
今回の逮捕は、運動破壊のためだけの明らかな不当弾圧です。直ちにD君を取り戻そう!具体的な方針は追って提起します。

同学会中執 一同
プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター