2014-02-15(Sat)

懐ビラ3(京大の受け継がれるべき歴史)

 1990年代後半から2000年代半ばの歴史は私の中では空白になっていてあまり良く知りません。
比較的近いように思うのですが、ノリビラの風習が廃れていったためか、ビラを発見することも困難です。
そんな中、学内に残っている希少な貼りビラを紹介します。

中央執行委員長
写真 2
写真 3
 2001年のアフガニスタン戦争の時に、熊野寮に住んでいたバファドルさんという外国人研究者の方が「アフガニスタン人」というだけで差別され、窃盗罪をでっち上げられ強制送還されそうになった時の闘争です。ビラによれば、20人の公安刑事と50人の機動隊が熊野寮を家宅捜索(ガサいれ)して、そのことに抗議した学生も逮捕されたようです。警察権力の横暴を見てみぬふりをする大学当局の無責任さが際立ちます。去年の熊野寮ガサのときもそうでした。全く変わっていません。
 私は晩年のバファドルさんに会ったことがあります。物静かな白髪の老人でした。家族の多くがアフガニスタン侵攻でなくなり、苦しんでいました。2011年に糖尿病で亡くなり、机やイスなどの遺品は学生に引き継がれて現在も使われています。
写真 4
 尾池総長との間で当時、植物園の有効利用について話し合いをしていたようですね。
 しかし理学部植物園の存在をどれほどの人が知っているのでしょうか。私は理学部植物園前をよく通りますが、閑散としていて余り使われていないように感じられます。工学部出身の松本総長はどう考えているのでしょうか。気になります。
写真 2
当時から今日に至るまで、学費高騰は大問題です。「幼稚園より安い」と言われていた時代があったことが信じられません。吉田寮の一月400円の寮費を見て、少し信じる気になる程度です。
写真 1
図書館の利用規制にもいろいろあるのですね。1500票あまりの署名を集めたようです。結果はhttp://blog.livedoor.jp/saveourlibrary/に書かれていましたが、痛み分けだったようです。

2000年代にも色々闘争はあったのですね。参考になります。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター