2014-03-14(Fri)

3.14職組裁判

3.14職組裁判に行ってきました。復興予算に当てるという名目で国からの要請があり、運営交付金の削減=職員賃下げが強行されているのですが、今回で裁判は4回目を迎え、職組側の反駁が積み重ねられています。国からの運営交付金の残りの使い道は指定されていて、賃金には回せない…という論も、使い道を指定しているのが当局そのものであるなど、賃下げを強行している大学当局の論理は、ことごとく破産しています。

賃下げ案を承諾した証人申請が今後の争点になるとのことです。
写真 1
大学の機構上、職員の賃下げについて話合う公の会議などは存在しないので、証人として誰を呼べばいいのかは決行難しいと総括集会で西牟田委員長が言っていました。部局長会議や教育研究評議会などは議題を「承認」する会議であり、徹底討論する場ではないとのこと。どこからか降ってきた議題を承認していくだけではあまり意味がないし、無責任体制になっていくだけだということも言っていました。今のところ議題を降らせた下手人は、当時の総務部長のアサノさんではないかということでした。
今後、労働組合や学生自治会が大学の運営に参加していくのはあらためて重要ですね。
写真 2
職組の人は賃下げ裁判勝利に向けてフォークソングを作ってきていました。
さぁ、ともに、声をあげよう・・・
京大ppm2.5いいですね。口ずさみたくなります。
この日は自治体職場では、春闘に向けて自治体職員労働組合の中執から統一行動が提起されていました。しかし現場にまで方針が下ろされていない所が多いそうで、不満は高まっているようです。
職組でいえば原告団、同学会で言えばクラス議長と団結して方針を一緒にやっていくのが大切になってきます。
新歓に向けて体制をつくって行きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター