2014-03-22(Sat)

情報公開連絡会と吉田寮交渉(3月20日)

 情報公開連絡会は経営協議会の学内委員が4月から交代すること、100人外国人登用計画が始動しており、「はじめの1年間は制度でお金が出るが後は雇用した部局にまかせる」方向で4月から新任教官が教鞭に起つことなどが話されました。総長の国際公募関連について副学長に質問しましたが、議論は全て総長選考会議に任せており、職組が持っている情報以上はやはり知らないそうです。

 吉田寮交渉は情報公開連絡会が終わった後に行われました。この間出されてきた当局案に対して学生側からいくつか反駁を行いました。
まずは今年12月に建つ新寮について。
当局側から、「棟ごとに使用者が寸断されている」という理由で、現寮と食堂と新寮の水道、光熱費メーターの個別化案が出されていたのですが、吉田寮自治会から「そもそも増設は吉田寮生の総意で行われており、その前提からすると、メーターは須く統一すべきで、結果のみから推敲されたメーター分離化は不当であり、自治会員の決定権の分離=団結破壊につながる」という趣旨の意見が通り、副学長の持ち帰りになりました。

現寮の補修案に対しては全学委員会が施設部に調査を依頼する方向で話が進みました。

全学委員会の規約改定案に対しては、副学長の持ち帰りになりました。

何れにせよ全学委員会は、吉田寮自治会の許可がないと開けないので、調査も改定案の施行もまだ先の話になりそうです。

次回の交渉は4月7日入学式の日になりそうです。時間は未定です。

この間の攻防を要約すると、現寮の補修案も新寮の自治権も認めたくない大学当局と学生間に膠着状態が続いているのを、形式でなんとか持たせている(持ち帰りがかなり多い)交渉です。

疲れる局面がかなり多いですが、「団結!よし!」発言がしばし飛び出し、参加者のやる気を喚起します。

次回の交渉も時間がある人は参加して、吉田寮生に連帯しましょう。

中執委員長 大森

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター