2014-03-22(Sat)

立て看板情勢 追記

写真 1
先の吉田寮交渉のあとに、吉田寮生も正門前に出していた「寮生募集」立て看を「期限が過ぎた」として強制撤去されたとして学務部を追及していました。支持します。

帰りがけに正門を通ると、撤去の張り紙が消えて、代わりに学会の立て看板が増えていました
写真 1
張り紙はどこに行ったのだろう
写真 2
ここにありました。当局の正門を「登録有形文化財」とするロジックを転用した人民の意思なのでしょうか。
それなら正門風景を破壊する大学の案内板を、正門前に建てるのもおかしくなるぞということなのでしょう。
いずれにせよ議論を重ねつつ正門前に立て看板が増えるのは、新歓意欲拡大の一形態で、いいことだと思います。もっといろんな団体が出していくことを望みます。

中執委員長 大森

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター