2014-04-16(Wed)

総長のおことば

京都新聞
写真 1
 京大の松本総長は4月7日、任期中最後の入学式式辞で、江戸時代の寺子屋の話をしました。
当時の寺小屋の数が今の小学校の数よりも多かったことを挙げ、自分磨きとしての学問の重要性を話しています。

 英語が喋れるだけではなくて、「日本人」としての教養を身につけることこそ重要、目先の利益に走ることなく学生生活を全うするようにと喝!をいれたようです。
え・・・。確か2012年10月に葛西敬之氏(集団的自衛権の行使を容認している安倍首相BRIN)を経営協議会に呼んだのは松本総長でしたよね・・・。(葛西氏の言う)軍事力を増強し、他国に水道・鉄道・原発などを売り込もうとすることは…目先の利益とは呼ばないのだろうか・・・・。ウクライナ内戦、9条改憲など、かつてなく戦争が身近になってきている中、総長の立場が問われていますよ。もしや「日本人」の利益になったらOK的な感じですか・・・。戦後の大学自治の根幹にも関わる問題です。改憲阻止の声明を出すべきでは…英断を!
しかし総長…老けましたね…。学生、教職員からの(演繹的な)説得活動が響いたのでしょうか・・・・髪が真っ白になったような気がします。
写真 3
裏面には・・・一覧が。いろんな学長がいたのですね。
写真 4
京大は女性の受け入れが遅かった大学のひとつで、今でも女学生率は2割にとどまっています。その中でも勇気ある決断はあったようです。
写真 5
末川博・・・有名な人ですね。確か自治会の中に遠い親族の方がいました…。
写真 1
情報の洪水…集約していきましょう。
写真 2
科学を問い直せ…その通り!口だけではなくて実行しましょう。
写真 3
主体的な学び、考えなさいという共通のメッセージ。なるほど。がんばります。

同学会の主張と松本総長のお言葉は、かつてなくシンクロしているにも関わらず、総長との面会は未だかなっていない。任期中に会いたい。

中執 大森


trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター