2012-11-09(Fri)

明日は要求書の回答日!

明日金曜日は公開要求書の回答日です以下後期第三回クラス討論資料より抜粋。
--------------------------------------------------------------------
10月31日の深夜、文学部、吉田南、西部BOX構内を中心に、以下のような二種類の文書が掲示された。

公開要求書
2012年10月30日
環境安全保健機構長 大嶌 幸一郎 殿
交通安全を考える学生有志
京都大学全学自治会同学会

2012年7月13日付で、環境安全保健機構のホームページ上に「本部構内交通安全対策平成24年度のとりくみについて」と題する資料が公開された。そこでは主に車両入構規制について書かれている。具体的には、本部正門に隣接する自動車専用入構門にカーゲートを設置し、北西門には一般車両が入出構できないようにバリカーを設けるとされている。加えて、本部構内へ入構する車両に対して課金を行い、さらに入構データ管理を行うともされている。
また、資料公開後間もなく、7月25日には「本部構内環境整備工事」に係る入札公告が出された。この工事は本部構内の駐輪場及び駐車場を整備し、また駐輪場にサイクルラックを設けるというものであった。
これらは昨年度、学生との話し合いの中で一度撤回されたものである。またその際、学生や教職員など当事者間の話し合いの上、交通安全対策について計画を立てていくことを約束したはずである。しかし、現実には学生と話し合うことなく工事は実施された。また、車両入構規制に関しても学生と話し合うことなく計画が進んでいる。これは学生など当事者を蔑ろにする行為であり、許されるものではない。よって以下を要求する。

一、環境安全保健機構長である大嶌幸一郎氏は、環境整備工事の実施について学生に説明するため、並びに車両入構規制に関して学生と話し合うための公開の場を設定すること

二、上記一の要求について、11月9日までに文書にて回答すること

私たちは前期の「選挙」や1回生の授業で「クラス討論」を行った偽称団体とは一切関係ありません。

公開要求書
2012年10月30日
「いわゆる「人権問題」に関する授業科目について」申合せ
検討ワーキンググループ主査 塩田 浩平 殿
同副主査 前平 泰志 殿
高等教育研究開発推進機構長 林 信夫 殿
経済学部長 植田 和弘 殿
人権教育を考える学生有志
京都大学全学自治会同学会

いわゆる「人権問題」に関する授業科目、すなわち「偏見・差別・人権」は、京都大学における全学共通科目として1994年度より開講されてきたものである。これまでは10学部が1年交代で実施責任部局となる体制をとってきた。ところが来年度以降、これまでの輪番制を改め、高等教育研究開発推進機構が一元的に責任を担い、授業の企画・運営を行うことが、「「いわゆる「人権問題」に関する授業科目について」申合せ検討ワーキンググループ」により提言された。
また一方で、今年度の「偏見・差別・人権」が不開講となった。後期の不開講の件に関して、高等教育研究開発推進機構のホームページ上の意見箱に質問が寄せられており、機構長の名で回答が掲載されている。そこでは、授業内容見直しのためにやむを得ず不開講とした、とされている。
当該科目は例年、前後期リピート科目として開講されていた。ところが今年度前期の講義はそもそもシラバスに掲載されていなかった。上記ワーキンググループにて検討され始めたのは7月末のことであり、授業内容の見直しを理由に、4月から始まる前期の授業をそもそも存在しなかったかのように扱うのは極めて不自然である。当局は学生に対し、不開講となった理由を十分納得できるように説明すべきである。
「偏見・差別・人権」の前後期を通じた不開講は、現に履修を検討していた学生に影響を与えている。にもかかわらず、学ぶ権利を持っている学生に対して十分な説明は行われていない。これは学生の権利を蔑ろにしており、許されるものではない。よって以下を要求する。

一、「いわゆる「人権問題」に関する授業科目について」申合せ検討ワーキンググループ主査である塩田浩平氏、同副主査である前平泰志氏、高等教育研究開発推進機構長である林信夫氏、「偏見・差別・人権」の今年度実施責任部局(経済学部)の長である植田和弘氏は、今年度の「偏見・差別・人権」不開講並びに来年度に向けた同科目の実施体制の変更について学生に説明するための公開の場を設定すること

二、上記一の要求について、11月9日までに文書にて回答すること

 私たちは前期の「選挙」や1回生の授業で「クラス討論」を行った偽称団体とは一切関係ありません。
 ---------------------------------------------------------------------------------
執行委員会の立場は第三回クラス討論資料に書いてあるとおりです。中執は昼休み行動のあと、学務部まで回答を聞きに行きます。皆さんも個別でもいいので、明日以降学務部にどんどん回答を聞きにいってくださいね。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター