2014-09-26(Fri)

9月18日 明善寮廃寮 反対デモ

 日本4大自治寮の一つ、東北大学明善寮の「悪しき飲酒文化」を根絶するために、「汚れた」寮内を改修したいという東北大当局の訴えがそもそもの始まりでした。今は9月末までの明善寮生の全員退寮が強制されており、まさに「血の入れ替え」が行われようとしています。学生当該の意志は完全無視されており、OBや市民からも反対の声が次々と上がっている現状です。


 明善寮OBの声(東北大学学生自治会のブログより)
 私は1997年から99年まで入寮していたOBです。先日、全国ニュースで寮生全員退去を聞き、驚きと怒りを覚えました。
 大学が問題にしている飲酒は私が在寮していた時も存在しましたが、大学から一回も問題にされたことはありませんでした。そもそも飲酒で未成年者を指導する者が罰っせられるならわかりますが、未成年者が罰を受けるなんて、理解に苦しみます。しかも全員退寮とは、経済的に恵まれない寮生の実情を理解しているとは思えません。
 私は寮生活で多くのことを学びました。自由には責任が伴うことやいろいろな学生がいること、仲間の素晴らしさなどたくさんのことを学ばせてくれた寮の後輩たちが、大学側の一方的なやり方で退寮させられるなんて本当に許せません。


 今回は、政府が集団的自衛権を容認した直後ということもあります。私は学生自治を担うものとして、背筋がぴんと伸びる感覚があります。学生の生活破壊と戦争への翼賛が一体で進むことは歴史が証明しており、十分に注意しなければなりません。そうした流れをとめるために9月18日に、明善寮廃寮反対のデモが呼びかけられました。「就学の権利を守ろう」「大学のブラック企業化と戦争協力をとめよう」とする呼びかけに賛同し、東北の地まで、同学会から作部が行きました。
img_1.jpg
 当日は、主催である東北大学学生自治会の学生を筆頭に、東北大の日就寮の寮生や、全国の学寮の寮生も集まりました。今回の飲酒問題を自己責任化せずに、当局からの分断を乗り越えて声をあげようという訴えました。色々困難があって明善寮生の参加は叶いませんでした。現在100人近くいる明善寮生の多くが、3年前に建てられた被災学生用の応急学生宿舎に斡旋されています。代替施設を紹介するから声を上げるなという圧力がかかっているのです。団結によって解決していく必要があります。
image (1)
 一方的な退寮決定に対する怒りのデモは、多くの学生、東北の人々に響いたようです。デモの途中で、明善寮出身の87歳の老師が合流したと聞きます。「戦前から寮生はストームで熱く団結していた」「寮には特高警察も入れなかった」と述べていたそうです。
img_2.jpg
最後は、東北大学当局に申入れをして、受け取らせることに成功しました。10月1日から東北大学も後期開講するようですが、東北大学学生自治会の執行部はキャンパスで集会を行い、夏休み明けの学生に情報を喚起すると聞いています。
一連の闘争に参加してきた作部もやる気がわいてきたそうです。中執は団結し、後期開講に向かって準備していきます。

中執 大森

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター