2014-11-14(Fri)

11.12緊急抗議行動 報告ビラ文章

 11月12日の緊急抗議行動の報告ビラを作りました。↓昼集会の様子
157628466278.jpg

ビラそのものは同学会のホームページにあげています。
ここではビラの中から文章だけ抜き出して、当日の要旨を報告したいと思います。


11月2日の東京における学生3人の不当逮捕と、4日に発覚した大学への公安警察の日常的な侵入に対して、12日に全学的な集会を2回行いました。
1回目は昼休みに時計台クスノキ前での全学緊急抗議集会を、2回目は夕方に文学部の講義室で討論集会を開催し、共に大勢の学生や労働者が参加し大成功を収めました。その報告を掲載します。

昼休みの全学緊急抗議集会では、まず同学会書記長の作部くんが基調提起で集会の意義や方向性を宣言した後、農学部学生自治会常任委員会や熊野寮自治会常任委員会がそれぞれ発した声明文を2人の学生が読み上げました。続いて、全国学生自治会総連合委員長の齋藤郁真くんが、全国の学生の闘いの中に改めて京大での闘いを位置づけ、その重要性を確認しました。その後、会場からの発言も活発に行われ、公安警察の侵入が大学自治や学問の自由に対する重大な侵害であることや、学内差別を撤廃する闘いの必要性などが提起されました。多いときで一時に200人ほどがクスノキ前に集まり、延べ数では600人以上が集会発言を聞いていました。

夕方の討論集会では、まず連帯挨拶を全国金属機械労働組合港合同の方と全学連委員長の齋藤郁真くんからいただきました。港合同の方からは11月2日に行われた全国労働者総決起集会の成功が政府を恐れさせ、警察に展望の無い弾圧を行わせたのだと語られました。齋藤くんからは今年7月1日の集団的自衛権の閣議決定情勢を受けて、世界中で現場の行動によってベトナム戦争を止めた国際反戦デー(10月21日)を今年復活させ、全国の学生が戦争政治に対決していく中でこのような弾圧があったと提起されました。

その後、昼と同じく同学会書記長の作部くんが基調提起を行いました。そして記念講演として法政大学暴処法弾圧裁判弁護団長の鈴木達夫さんに「戦争と大学自治」というテーマで講演をしていただき、本来大学は権力と緊張関係があったが、現在では金儲けを優先してしまうシステムの中で戦争を進めていく機関に大学がなってしまったため(=新自由主義大学化)、今こそ労働者人民のための「真理探究の大学」を取り戻すことを掲げるべきだと提起されました。その後の討論では学内の諸団体から、あるいは個人として多くの学生が発言しました。特に、今回の公安摘発事件を法律の問題で片付けるのではなく、学生の団結をどうやって維持発展させるかという点に沿って考える必要があり、それを壊そうとした公安を捕らえたことは何ら問題ではないという発言が印象的でした。

討論の後は全国から結集した学生(東北大、法政大、広島大、沖縄大など)の決意表明が続き、最後は3つの行動方針が採択されました。この採決の後、同学会副委員長の纐纈くんのまとめと委員長の大森くんの団結ガンバロウで集会は終了しました。この討論集会には150人の結
集がありました。

今回の私たちの一連の行動や昼夜の2回にわたる集会を通して、京都大学や全国の学生、労働者の闘いの中に現在の社会を変えていく展望があることが示されました。集会に少しでも参加してくれたあなたの中にそれがあるのです。私たちはそのことを信じて、もっともっと学生と団結を作り、深めていくことで、私たちが生き闘っていくための学生自治会を建設していきます。(纐纈)

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター