2014-11-29(Sat)

11月30日 高槻現地闘争へ

闘う学生より以下のような渾身の訴えがありました。中執としても、断乎応えたいと思います。


ダウンロード

京大生のみなさん! 11月30日に大阪府高槻市にて、人民による自らの生きる場を賭けた死闘が展開されます!おきていることは京大と同じく、国家権力との真正面からの激突です。高槻市の植木団地からの住民追い出しの暴挙を、阻止しよう!

高槻市の植木団地は、現在も被差別部落の人が多くすんでいます。そもそも高槻の被差別部落の人民はこの国において許し難い差別を受け、多くの人民との団結を阻害・破壊され続けてきました。就職差別などで、仕事も中々得られません。そこで自らの生活のために高槻市園芸協同組合を結成し、それに市が協力する形でこの地に植木団地がつくられました。京都大学において、お金がない学生も学問できるように、学生側が主導し、低家賃で住める吉田寮や熊野寮を大学側に造らせて行く過程と発想は同じです。この団地はそこで生活する人民にとりなくてはならない、そして団結のための場です。しかし、昨年高槻市は植木団地の使用契約の更新不可を通告しました。その期限が今月30日。国家権力とそれに追従する市当局は、今現在、公営住宅からの住民を追放し、民間の不動産に管理運営を委託しようとしています。財政が破綻する中で、最も生活に困った人から金をむしりとり、1%の資本家を富ませる策略がうごめいています。

しかし、植木団地の支援組織である部落解放同盟は、攻防のあまりの激しさに、国家権力、市当局とともに、追い出しの圧力をかけてきました。それに追随する形で多くの左派団体が潮が引くように支援から身を引いていきました。けれど、この許し難い団結破壊、生活破壊についに労働者の決起が開始されました!部落差別を資本家・政府による人民の分断であるとの認識を持ち、階級闘争を戦う全国水平同盟が、ついに高槻市において結成され、立ち上がる労働者の団結の砦となっています!

11月30日、万国の学生、労働者よ、高槻に集結して国家権力とその先兵どもを震え上がらせよう!連帯の力で高槻の労働者の生活と団結を守り抜こう!プロレタリアート万歳!(学生β)

11・30植木団地追い出し絶対反対現地闘争
★ と き 11月30日(日)午後1時~
★ ところ 植木団地(高槻市川添1丁目)

中執 大森

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター