2015-01-17(Sat)

印象的な記事2014 日本編

2014年後半は、日本の地方創生、原発、安保、選挙情勢も非常に動きました。
写真 1 (9)
写真 5 (14)
300に迫る議席を持ちながら、解散に踏み込まざるを得ない、追い込まれた感がにじみ出ていましたね。
写真 5 (10)
原発輸出はインフラパッケージで、その国の経済を支配するというのが通説ですが、核政策という面もやはり重要です。
写真 4 (4)
沖縄の仲井真知事が沖縄電力のTOPだったことが思い出されます。政治と金は常に偏って配分されている気がします。
写真 5 (8)
ものすごい量のバラマキと他方での民営化が核心です。
2014120817533t1a39s.jpg
松本総長は任期丁度で退任し、再任されなかったですが、関経連のTOPは再任されました。森会長は関電のTOPとして震災直後に原発の再稼働を主張した、とんでもない人物です。
写真 4 (25)
再稼働情勢です。
写真 3 (11)
沖縄の数千、数万の怒りがこういう形で表れているのだと思います。
写真 2 (26)
デフレからの脱却、安倍ノミクスの是非に争点が絞られて、論戦が、生活実態からかけ離れたものに。
写真 2 (6)
大学自治が問われる事態でした。もはや運動によってしか大学自治は担保されません。運動が無かった大阪の方の講師は辞めてしまいました。
写真 1 (5)
Ⅹバンドレーダーについては現地で度重なる反対デモが行われています。
写真 4 (11)
翁長氏は元自民党県連のTOP。自民党からすれば裏切り者、目の敵ですね。
写真 2 (27)
戦争が近くなってきました。それぞれの政治判断が非常に問われる時代です。
写真 3
この体制はいつまでもつか。2015年には常磐自動車道の開通とか言っていますが、復興を曲解している感じがします。
近いうちに打倒される気がします。
写真 1 (12)
総括したら、何もできなくなるのを恐れているのでしょう。
写真 1
「平和の党」公明党が最後、条文の定義を巡って折れていく様は戦争に向かっていく情勢を痛感します。「この道しかない」
写真 5
集団的自衛権については、学生の間でも非常に議論になりました。
写真 4
日本が海外との競争に勝ち抜くための「武力」を手に入れようとするところに核心があります。日米同盟を揺るがしてでも争闘戦から脱落している現状を変えたいということです。
写真 3
アラブの春で立ち上がった民衆が次々とイスラム国で殺されていきます。高止まりの失業率を維持する政権と対峙し、解雇、格差を止揚していく革命党の存在がなければ、待つのは地獄です。

中執 大森

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター