2015-02-03(Tue)

2014年総まとめ写真集①

京都大学11月祭

写真 4 (26)
京大に元自衛官が来るということで、少し問題になりました。軍事関係者が大学の中で講演するということは、60年代、70年代に阻止運動が盛り上がりました。大学の戦争協力拒否の観点から、自衛官の大学入学には、絶対反対する運動がありました。
写真 5 (25)
今回、講演を主催した団体i-voteは、おそらく悪気なく講演者を選んでしまったのでしょうが、疑問を感じる学生との間で少しもめたようです。論点になったのは「中立性」というところです。
写真 1 (27)
学生有志からも撒きビラ、貼りビラ(文責がないので、啓発ビラなのでしょうか)が行われました。権力の不均衡を度外視して、軍事関係者の話だけを引っ張ってくるあり方は中立とは程遠いのではないかという話です。
写真 5 (18)
実際同学会中執も参加してみましたが、基地容認をお願いする、住民説明会のような感じでした。
質問時間があったので、同学会中執からは、基地の雇用の問題=基地が無いと生きられない現実と、戦争のための基地をなくしたいとする矛盾をどう乗り越えるのか、やはりそのカギは労働組合ではないかという話をしました。昔、全軍労(沖縄の基地内の労働組合)の中に、「解雇撤回、基地撤去」というスローガンを掲げてストライキに入った組合があり、全国の人に職場支配権の確立を訴えていたという話。それに、どう対応するかなど。
元自衛官からは、「基地問題は確かに労働者の問題だ、保障が必要だ」と返されましたが、そういうやり取りが重要かなと思いました。i-voteは最後に中立性についての認識が不十分だったことを詫び、他団体の辺野古の海を守る運動のPRをしていました。
写真 4 (18)
教員酒場は、教官から酒のカンパを募り、教員と学生が団欒する前夜祭のイベントです。全国的な飲酒規制の圧力の中で、2014年度は教員甘酒になりましたが、一応貫徹されました。
写真 2 (18)
I-ARRCの建設のせいで、前夜祭から自転車が路上にあふれました。
写真 3 (13)
紅葉する木と
写真 2 (24)
しない木がある中
写真 5 (17)
同学会中執の展示資料を運びました。
写真 4 (19)
時計台前ではサークルの宣伝
写真 2 (21)
吉田南グラウンドには、他大生もかなり来ていたようです。
写真 1 (18)
ライトアップ
写真 3 (18)
されました
写真 4 (17)
暗くなった後は
写真 3 (20)
ライブがあり
写真 4 (20)
そしてキャンプファイヤーです。
写真 1 (21)
良く燃えていました。
写真 2 (22)
眠たくなります。逆に興奮した人もいたみたいで、策の中を駆け回り、11月祭スタッフに確保されていました。
写真 4 (21)
翌日はゴミであふれます。その翌日には全て撤収するのですから、学生の力は凄いです。

11月祭を、今後も成功させよう。

中執 大森

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター