2015-04-08(Wed)

作部書記長第二回公判〜判決

明日4月8日から前期開講です。しばらく更新してませんでしたが、随時更新していきます。

書き忘れていた記事を一つ。この間行われてきた作部くんの裁判の報告です。

作部裁判要旨
第2回公判

⚫︎関大システム管理課長 夏田望の証言の要約

1月5日から約1週間かけて、被害状況を確認した。特に異常は無かった。

清掃業者が清掃後、施錠するはずが、その日たまたま別の業者(IT関連)も来ていて、締めなくて良いと思って、2階の施錠をしなかったとのこと。3階以上は施錠されていた。

今回の事件を受けて螺旋階段に侵入防止の鉄格子をつけた。費用が約70万円かかった。今後、4階まで格子を増設していく。

被害届提出の意思決定には自分は関与していない。

⚫︎関大総務課長 中村匡志の証言の要約

キャンパス内に吹田市の市道があるため、夜間も閉門しない。立ち入りご遠慮下さいという看板は設置している。

確認した範囲では人的・物的被害無し。

警察から「どうしますか」といわれて、1月24日に被害届を提出した。
施錠されている施設に入ったこと、被害状況の確認作業のために日常業務に支障をきたしたこと、格子の設置にコストがかかったことから。

警備員が犯人を退去させた(解放した)のは不適切であった。大学の保安が脅かされており、総務課に報告し、速やかに警察に通報すべきだ。

ただし、それを定める明確な書面・文書・規則は無かった。

警察とは事件当日から何回も接触した。

被害届を出そうということで、A4の紙1枚の稟議書を書いた。そこに中核派と書いた記憶はごさいません。極左暴力集団とは書いておりません。

⚫︎小林検事の論告の要約

弁護側には理由が無い。
事実が認められる。
関大による事後的な承諾は無い。
警備員による追随行為は、事件についてより詳しく聞くためであり正当。
家宅捜索は正当。

犯人は施錠された施設に柵を乗り越えて侵入した。

関大は被害確認のために日常業務に支障をきたした。また、螺旋階段に鉄の格子を増設することなどに74万円かかった。
被害結果は軽視できない。

懲役3ケ月を求刑する。

⚫︎弁護団による弁論の要約

被告人を犯人と仮定して述べる。
公訴を棄却すべき。
ガサは不当。

森田証人(警備員)は7点の理由を挙げて、被告人を一度解放した。

矢野証人(警備員)が、総務課に連絡すべきだったと証言したが、矢野証人は被告人を左の危ない人と述べており、偏見であり、この証言は信用できない。

被告人の解放は問題無かった。そのあと被告人の肩書きによって、データ抜き出しを想定し、対応を変えた。

森田は被告人が拒否するにもかかわらす追随行為をした。

事件に計画性は無い。学生運動でもない。
京大に公安が侵入した件と比べてもおかしい。

⚫︎作部の最終意見陳述
省略

⚫︎判決
3月20日16時から言い渡し。
判決は罰金10万円。
未決勾留の期間、1日5000円として計算した分を差し引いて、実際は0円。

弁護側の主張も検察側の主張もどちらにも深く触れずに判決が出された。

以上

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター