2015-04-17(Fri)

杉並区議選に立候補した、北島邦彦さんを推薦します。

 私達京大同学会中央執行委員会は今春、統一地方選2015において杉並の地で闘う北島邦彦氏(写真)と共に闘います。かつて数億筆規模の原水爆禁止署名運動の出発点であった反戦反核の地・杉並は、現在安倍政権の改憲賛成運動の矢面に立たされています。町内会の回覧板に改憲賛成署名が挟まれ、同時に、地域の団結の拠点である児童館が民営化され、分断を促進する動きが進んでいます。最も強い反戦の団結を解体することで、戦争に向けた準備を一気に進めようというのが安倍政権の算段です。

 ゆえに、この地で「安倍政権の戦争と原発再稼働を止める」「児童館廃止と民営化を必ず撤回させる」「労働者住民に力あり!一緒に行動しよう」と呼びかける北島氏の闘いは、全国で反戦運動を取り組む学生にとって大きな意義があります。また安倍政権への怒りが沖縄の島ぐるみ闘争を軸に一つになろうとしている中、本選挙戦は沖縄住民と連帯する「本土からの援軍」という一面を持っています。

 全国の学生は私達も含め、64年前沖縄が日本に返還されず世界戦争の出撃基地として規定された「屈辱の日」4.28に、安倍政権を痛撃する国会包囲行動を構えています。その一週間前より行われる杉並選挙は、その前哨戦です。京大生は杉並の地にかけつけ、地域の労働組合の執行部でもある北島邦彦氏と固く結合し、労学連帯で他を圧倒する勝利を切り開きましょう。選挙の応援にかけつけることで首都東京の反戦運動を牽引し、沖縄の怒りに連帯しましょう。そこで育まれた経験、団結は必ず京大内の団結形成に寄与するものと信じています。

北島邦彦氏
sdfddwedw.png
<人物紹介>
▲1959年山口県岩国市生まれ。中央大学法学部卒業。
▲広告会社で労働組合活動スタート。
▲国鉄分割民営化反対に決起し、6年余の獄中闘争。
2007~11年杉並区議会議員として、杉並民営化や「つくる会」教科書採択を進める杉並区政とたたかうと同時に、戦争反対、原発再稼働反対運動、労働組合をよみがえらせる取り組みを行う。
▲現在、東京西部ユニオン副委員長。鈴木コンクリート工業での解雇撤回・職場復帰(2014年)、アメリカンアパレルでの解雇撤回労働委員会勝利命令(今年3月)、郵政非正規ユニオン荻窪局での「スキルダウン」賃下げ撤回などを実現。
▲2014年6月区議補選で4332票を獲得。
▲12 月衆議院選挙を鈴木たつお弁護士とともにたたかう。
▲上荻に給食調理員の妻と暮らす。趣味は映画鑑賞。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター