2015-04-20(Mon)

21日は学習会


ビラでまいて来ましたが、21日19時から熊野寮食堂で学習会を行います。以下趣旨文


昨年夏から京大同学会は「大学の戦争協力阻止」を掲げて議論・行動を重ねてきました。その中で、11 月 4 日にはキャンパス内に侵入していた公安刑事を追放する大勝利を切り開きました。これは、戦時下の治 安弾圧の先駆けとして、戦争に反対する学生を監視する攻撃を跳ね返したという大きな意義を持っています。 同学会=学生自治会で団結すれば、それは安倍政権の戦争政治を止める大きな力になります。今こそ学生が 未来を語る時です! 大いに議論し、どうやったら今の閉塞した社会を変えられるか、共に考えましょう!

安倍政権の戦争政治を阻止しよう!
安倍政権は昨年7月1日に集団的自衛権容認の閣議決定を行いました。そしてこれを切っ先に、ものすご い勢いで戦争・戦時下体制に突き進んでいます。安倍は中東訪問の時に「『イスラム国』と戦う周辺諸国に 2 億ドルの支援を行う」と宣戦布告し、1 月 20 日人質事件後は「テロとの戦い」を叫んで有志連合の中心に 躍り出ました。そして今、沖縄辺野古新基地建設、戦後 70 年談話、日米安保ガイドライン改定、今国会で の安保法制の一括採決、来年の改憲発議と矢継ぎ早に政策を打ち出しています。これによって何が変わるの か、今何が始まっているのか、何が狙いなのか。学習会ではこれらを世界情勢から具体的に暴いていきます。

今安倍政権が行っていることは、戦後の「平和憲法・平和国家」という考え方をすべて破壊し、「国の存 立のため」なら戦争でも何でもできるようにするということです。これをどうやって止めればいいか。今私 たちは何をなすべきか。その答えはマルクス主義にあります。マルクスは「労働者階級だけが真に革命的な 階級である」「万国の労働者団結せよ!」と宣言しました。本当に社会を変える力は、政治家でも資本家で もなく、膨大な労働者民衆の団結した行動にこそ存在します。すでに韓国では政府打倒を掲げて百万人規模 のゼネラル・ストライキを構えています。戦争に向かう資本主義社会の矛盾をしっかりととらえ、自分たち の持っている力を確信し、絶望を希望に変えて社会を変革するために、マルクス主義を学習しよう!

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター