2015-09-16(Wed)

後期に向け始動!

9月14日に立て看板を書き、15日に出しました。
写真 1
写真 2

杉万副学長辞任表明!そもそも私達がこのことを知ったのは、9月17日に行われるはずだった副学長情報公開連絡会が、(学内専用の京大ホームページ上で9月7日付けで)9月30日に延期された後、中止に上書きされていたので、その理由を大学当局に尋ねに行った際でした。話を聞くと、9月8日の部局長会議で山極総長の方から、「健康上の理由により、杉万副学長が辞任される」と提起があったです。杉万副学長は昨年10月に就任し、まだ2年の任期の途中でした。この件に関する中執の見解を即時的に述べます。

まず第一に、今、京大生にとって、とてつもないチャンスが到来しているということです。

杉万副学長は「リベラル」をうち出す山極総長体制の学生担当にふさわしい人格として抜擢されました。そもそもは2013年度の教養部・総合人間学部教授会の解体を狙う国際高等教育院設置の際に、反対運動のリーダーとして、異を唱えた人士でもあります。(結局は一定の歯止めをかけることを条件に反対運動はやめてしまいます)
当時理学部の学部長であった山極総長も、決して総合人間学部=自由の学風の解体はさせないという条件つきで、2013年末の部局長会議で国際高等教育院設置を承認しました。
2014年後期以降は、この二人が京大執行部としてタッグを組み、大学改革に苦言を呈しながらも反対の立場を曖昧にすることで、その他大勢の反対勢力を押しとどめる役割を果たしてきました。

同学会の執行委員会への再三の非公認告示、サークルボックス取り上げ、吉田寮入寮募集停止通告等も、「リベラル」の仮面をかぶりながら、全て杉万副学長が担当理事として、ごり押ししてきたのです。

しかし、ついに!ついに!今回、これらの策動に対する学生の怒りが爆発する中で、ストッパーとしての杉万副学長は打倒されたのです。このことの意義は計り知れません。きちんとこの勝利感をかみ締めましょう。

そして第二に言えることは、こういうチャンスだからこそ、この勝利の地平の上にたって、「学生が文字通り情勢の決定権を握り、大学に学生権力を作り出す」闘いに攻勢的に出るときです。
同学会の旗の下に、あらゆる怒りを結集し、実力行動に出て行きましょう。

山極総長、理事会は杉万副学長に責任を押し付けて巻き返しを図るつもりかもしれませんが、そんな暴挙は許しません。
徹底的に非和解的に山極総長ー理事会体制の矛盾を暴露しきり、学内に学生の団結を無数に作っていくことが回答です。

後期に向け、やりきりましょう。

中執副委員長 大森

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター