2015-10-09(Fri)

弾圧とガサ弾劾!

 開講して未だ1週間ですが、情勢は激動しています。安保法制成立後、全国的に学生運動に対する弾圧が激しくなり既に4人の全学連活動家が逮捕され、その捜査のために熊野寮にも警視庁の家宅捜索が入っています。それら一連の弾圧と、それを容認する山極総長の立場を弾劾し、立場を問う申し入れを作成しました。
2015101218101667e.jpg

10月7日の午後に集会を行い、その後に大学へ提出しました。(大学は受理せず。)
以下その申し入れです。

                                 申入書

京都大学総長 山極寿一 殿

 先般9月28日から9月30日にかけて、全学連の学友4名が「監禁致傷の疑い」で警視庁公安により相次いで逮捕された。さらに、京都大学熊野寮をはじめ全国各地で不当な家宅捜索が行われた。今回の逮捕―家宅捜索は、安倍政権の戦争政治と一体の、反戦運動を弾圧し大学の戦争協力を進めるための不当・無法の攻撃である。よって、以下申し入れる。

大学当局として今回の逮捕―家宅捜索への弾劾声明を発し、警視庁に抗議せよ。


以下に、見解の詳細を述べる。
一つに、この逮捕は反戦運動への見せしめであり、「過激派」キャンペーンだ。
折しも、安倍政権の安保関連法案が9月19日に強行採決されたが、「戦争を止めたい」と真剣な思いでたくさんの人々が国会前に集まり抗議の声を上げた。この運動をこれ以上拡大させないため、その先頭で闘う学友を逮捕・拘留することで見せしめとし、「総括行為」などのあいまいな言葉を意図的に用いて「過激派」キャンペーンを展開しているのだ。

※「事件」を報じる読売新聞記事の文中には、当該学友が「安全保障関連法案に反対する国会前のデモに参加していた」とわざわざ言及している。
※同様にテレビニュースでは当該学友の顔姿を示す映像として、国会前で安保法案に関するインタビューを受けた時のものが使用されている。

二つに、この逮捕―家宅捜索は、学生に大学から戦争反対の声を上げさせないことを目的とした攻撃だ。
夏休み、安保法案の強行に怒り国会前に集まった学生が、大学の後期開講と同時に、今度は大学からどのような行動ができるのかを仲間と討論し行動を開始することは必然だ。当該学友は夏休み中から「後期開講以降、東北大学と京都大学から戦争に反対する学生ストライキを実現しよう」と呼び掛けてきた。この動きを押さえ込むために、後期開講直後のキャンパスに国家権力を導入し、学生を恫喝しようとしているのだ。

※後期開講日の10月1日に広島大学と東北大学に、2日目に京都大学熊野寮に家宅捜索が入っている。9月末の逮捕から捜索まで、多くの学生が帰省から戻り通学を再開する日程を狙って意識的に行われていることは明らかだ。
※京大熊野寮への捜索では、昨年同様に公安警察がマスコミに事前にリークし、捜査開始直前から押しかけさせ、撮影・報道させた。

三つに、逮捕自体が事実無根のでっち上げ弾圧だ。
10月2日に行われた全学連執行部の記者会見でも明らかにされているように、「監禁致傷事件」など全くのでっち上げであり、国家権力による「学生スパイ化事件」が真実の姿だ。学生に金を積み仲間を裏切らせ、それが摘発されると開き直って弾圧するなど、国家犯罪以外の何物でもない。断罪されるべきは国家権力だ。

四つに、戦争に対する大学の態度こそ問われている
現在、冷戦終結以来初となるロシアによる中東(シリア)空爆が開始され、朝鮮半島においては過去最大の米韓合同軍事演習(対北朝鮮の侵略訓練)が行われるなど、世界各地で戦争が勃発し、またはその寸前にまで至っている。同時に、韓国を先頭に各国内から学生や労働者が自国の政府の戦争に反対して不屈に闘い始めていることも事実だ。安保法案が可決されたこの日本でも、いまほど学生による反戦運動の爆発が求められているときはない。
しかるに、京大当局・山極総長は就任後から現在に至るまで学内における国家権力の反戦運動の弾圧に対して一貫して批判せず、むしろ積極的に受け入れてきた。

 ※昨年11月のいわゆる「京大ポポロ事件」の際、事件直後は杉万副学長(当時)が「事前の通告のない捜査は遺憾」という旨のコメントを発表したが、のちに山極総長名で「(学生・教職員の活動は)世間を騒がせるものであってはならない」「(警察の)学内での捜査には協力したい」と補足された。また、熊野寮への家宅捜索に対しても、警察に直接抗議したことをもって十分とし、抗議文の世間への公表は拒否した。さらに、昨年末の同学会書記長(当時)作部羊平への不当逮捕・起訴についても態度を表明しなかった。
 

 学生の反戦運動に対する弾圧を正面から弾劾し「世間を騒がせる」ことこそ、いま求められる大学の役割だ。大学にそれができなくなった時に戦争が始まるのだ。
 京都大学当局―山極総長はただちに今回の不当逮捕―家宅捜索に対して公開の抗議声明を出せ!

2015年10月7日 京都大学全学自治会同学会中央執行委員会

次回の副学長情報公開連絡会の日程が10月15日に決まりました。杉万副学長の代行として、北野正雄教育・情報・評価担当副学長が情報を公開します。この申し入れの内容に対する見解も公開してもらおうと思います。

中執委員長 工4 作部羊平

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター