2015-10-19(Mon)

全世界情勢

☆韓国ゼネスト情報

● 公共運輸労組がストに決起! ソウルの大会に1万2千人
jity.jpg


 10月15日午後2時から、ソウル大学路で「安易な解雇・一生非正規職の労働改悪阻止、民主労総公共労働者ストライキ大会」(民主労総主催・公共運輸労組主管)が、1万2千人を集めて開かれた。この日、公共運輸労組は、韓国ガス公社支部が首都圏800人、医療連帯本部蔚山病院分会1000人がストに突入。国民年金公団支部3800人、鉄道施設公団労組800人が組合員総会の形で実質的な職場放棄に立った。鉄道労組、ソウル地下鉄労組などは集団年休闘争で決起した。
 さらに、上部団体が存在しない独立組合の国民健康保険組合5000人が賃金ピーク制反対を掲げてストに突入、一部は民主労総主催のストライキ大会にも合流した。韓国労総傘下の公共連盟の指導部も大会の場に結集して連帯の意を表した。
 ハンサンギュン委員長は映像で「威力的なゼネストだけがパククネを粉砕できる」とし、11月14日の全民衆総決起大会を必ず成功させようと訴えた。チョサンス公共運輸労組委員長は、公共部門の労働者が全労働者の先頭で勝利への道を切り開こうと決意を表明した。

 保健医療労組も10月下旬のスト権確立投票を経て、10月29日にストライキを予定している。同労組ソウル本部は14日に総決起大会を開き、キムスギョン本部長と支部長13人が決意を新たに断髪式を行った。


● 教科書問題で新たな火が燃え上がる

 パククネ政権が韓国の歴史教科書を全面的に書き換え、かつ国定教科書とする方針を打ち出した。これに対し、「パククネはついに独裁政治の全面復活に動き出した」「親日・独裁美化の教科書など絶対に許さない」の声が、全国・全社会から一斉に上がっている。歴史学者は教科書執筆拒否を宣言。教育労働者と父母は全教組を先頭に、使用拒否を宣言する闘いを開始した。

☆トルコ労働組合が声明
UID-DER(国際労働者連帯協会)ホームページより

Stop War, Peace Right Now!” Rally Attacked by Bombs
戦争を今すぐ止めよう!爆弾テロ弾劾!

(今回の10月10日のテロは、クルド人武装勢力への軍事攻撃を進めるエルドアン政権に対する抗議デモの、前段集会におけるものでした。下写真)
jijuu.jpg

声明を要約すると、労働者を資本主義の原理で搾取し、テロを誘発し、戦争に労働者を動員するエルドアン政権を労働組合の力で倒そう!と書かれています。
Labour, Peace, Democracy Rally called by left wing trade union confederations and labour organisations (DİSK, KESK, TMMOB and TTB) in Ankara with the main slogan “Stop War, Peace Right Now!” was attacked by bombs. The blasts were in front of the Ankara main train station where unions, parties and other groups were organising their columns just before the beginning of the march. The death toll is above one hundred and there are more than 300 injured.

警察が催涙ガスを、爆発後の集会参加者に浴びせた。
警察は既にテロの兆候を掴んでいたにも関わらず、公表しなかった。

These bombs take aim at those masses coming up against AKP drifting whole society into crisis, chaos and war. They demanded a peaceful democratic solution to the Kurdish question and raised the slogan “Stop War, Peace Right Now!” Strangely enough, against general Turkish state practice, there was almost no police presence around. But immediately after the blasts, armoured police vehicles came up and attacked with water cannons and tear gas the crowd that gathered around the dead and wounded people on the ground. Although this was a clearly massive massacre with tens of people lying in blood on the ground, ambulances began to arrive only after 30-40 minutes. They were blocked by the police vehicles. All these “measures” were clearly aimed to increase the death toll.

救急車が来るのを、警察車両が邪魔した。

These bombs are no different than those detonated in HDP rallies in the run up to the 7 June elections and in Suruç on 20 July. It is clear that the police and intelligence services that do anything whenever they wanted did not take any precautions. It is not a coincidence that this attack took place at a time when the upcoming elections are just a few weeks ahead and quite a large section of society is against the warmongering policies of the AKP government. The rulers intend to intimidate broad masses to make them stay away from street actions and pacify them, which means clearing the road for carrying out their plans. This massacre is also an attempt at casting a blow to the quest for peace and fraternity. The rulers seek to maintain their rule by dividing the working masses, sowing seeds of enmity against each other.
As socialist workers who defend the unity of workers and fraternity of peoples and carry on a struggle to stop capitalist exploitation and unjust wars, our hearts are bleeding. Our anger at the rulers grows day by day. We, as UID-DER, extend our condolences to all families of those who lost their lives and also wish immediate recovery to those who are injured.

We should get rid of Erdoğan and his AKP together with their warmongering policies which set aside the peace process regarding the Kurdish question, plunge the country into crisis and chaos pushing it towards the flames in the Middle East. It is a must to get united and smash the rulers’ schemes on the basis of unity of workers and equality and fraternity of peoples. This is an urgent task more than ever!

労働者の団結と民族の友愛・平等を守るための行動が急務です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター