2015-10-30(Fri)

ストと国際連帯で戦争止めよう!

◆改めて、ストライキの意義は
 10月27日京大反戦ストライキから2日が経過し、キャンパスには「あのストライキは一体なんだったのか」という声があふれています。中央執行委員会としてストライキのスローガンを改めて確認し、次なる方針として11月1日日比谷集会を呼びかけます。

◆スローガン① 安倍政権の戦争反対!
 現在、世界各地で戦争の危機が迫っています。とりわけ朝鮮半島では米韓合同で北朝鮮への侵略計画が準備され、安保法を成立させた安倍政権の自衛隊も参加しようとしています。
 一方では各国内から私たちと同じ学生が自国の政府の戦争をとめようと立ち上がっています。今回のストライキは安倍政権の戦争をとめる日本の学生の、現段階で持てる力のすべてを発揮した実力闘争として闘われました。
20151027203607oipi9.jpg
CSVhtDGVEAAKnOZ.jpg

◆スローガン② 大学の戦争協力阻止! 自分と仲間を戦場に送るな!
 10月1日には防衛装備庁が設置され大学も対象にした研究予算が組まれるなど、軍事研究は加速しています。「苦学生」を対象にした防衛関連大学への募集も始まっています。さらに、財務省は学費値上げも視野に入れた大学への交付金削減を発表しました。学費や奨学金、なにより将来の夢と引き換えに学友が戦争に動員されることなど決して看過できません。
 大学当局や国家権力の脅しに負けずストライキをやりぬいた団結は、すべての学生が戦争協力を拒否できる根拠になります。
CSYVC2NUwAARe95.jpg
hqdefault.jpg

◆スローガン③ 大学を取り戻せ! 主人公は学生だ!
 いつも学生の要求や追及に遅々として対応しない大学当局が、反戦ストに対しては早くも翌日に「刑事告訴」の脅しをかけてきています。ストまでの経緯も何もすべてを無視し、法と権力をかざして逮捕・処分に進む山極総長体制。これが、学生の反戦闘争に対する弾圧を看過し容認してきた京大当局の姿です。今回の闘いは私たち学生がいつでもストライキをうてることを証明しました。自分たちが大学・社会の主人公であることを示すストライキの力が国際的に連帯したときに本当に戦争をとめることができます。すべての京大生は11.1労働者総決起集会に集まり、その可能性を示しましょう!
無jijii題
前日(10月31日)深夜に車で京都を出発します。参加問い合わせは、dougakukai.kyoto@gmail.comまで。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター