2015-11-04(Wed)

11月集会 報告 その3

◆ドイツ機関士労組ベルリン都市鉄道支部長クルト・シュナイダー氏◆
11月労働者集会への挨拶
ダウンロード (1)

 ドイツ、ベルリン都市交通労働組合のなかまから、日本のなかまたちに心からのたたかう連帯の挨拶を送りたいとおもいます!今日、ここで、みなさんにお話できるという機会を与えてくださったことに感謝します。

 私の祖父は、ドイツがヒトラーによるファシズム支配のもとにあったなかで、反ナチ抵抗運動の戦闘的な闘士でした。現在、ここ日本で、ドイツで、そして全世界で戦争準備がおこなわれている現実に面して、私が、この祖父の経験と教訓からしても、反戦運動の闘士としてたたかうことは義務であると考えます。

 資本家どもとかれらの政府は、私たち労働者の職場における労働組合としての権利、そしてこの地球に生きる私たちの人間としての権利にたいし、おおがかりな攻撃をかけてきています。ここに私たちは、あらたな世界戦争への準備がおこなわれていることをみぬかなければなりません。

今、私たちがこうした戦争への明らかな策動に対してたたかいを開始しなければ、戦争を阻止することは日々ますます困難なものになるでしょう。

このような理由から、私たちドイツ機関士労組(GDL)の組合員は、この一年間にわたって合計400時間にのぼるストライキをおこなって、ドイツ鉄道当局の攻撃とたたかってきました。

 集会や大会、デモやさまざまのフラシュモッブ(街頭などでの即興のパフォーマンス)をおこなって、とりわけ職場の若い仲間たちを、多彩で戦闘的な闘争に獲得することに成功してきました。

 若者たちにとっての未来の基礎をきずくために、私たちはともに戦闘的で断固としたたたかいをやっていかなければなりません。それは私たちの義務です。

 今日ここで、みなさんと一緒に、未来は青年たちのものであって、世界の銀行や財閥や戦争屋たちのものではないということを示すためにたたかおうではありませんか。

 闘わないものは、すでに敗北している。だから、抵抗のないところではじめて、資本家どもはかれらの犯罪的な政治を貫徹できるのです。
 闘うものは、すでに勝利している。というのは、ひとつひとつの闘いの経験をつうじて、その後の闘いをより豊富なもの、より広汎なもの、より大衆的なものとして強化していくことができるからです。

国際連帯万歳! 団結してがんばろう!

◆UTLA アーリーン・イノウエ(メッセージ抜粋)◆
arlene.gif

 ロサンゼルス統一教祖(UTLA)から、規制撤廃、民営化、害虫か、非正規職化に反対し続け、そして日本で、また世界中で戦争へと向かう動きに強く反撃しているみなさんに、心からの連帯と希望を込めたご挨拶を送ります。いま、多くの国であらゆる社会的機関が民営化されていくという大変に深刻な状況にあります。独裁的な支配者たちが国民の意見に耳を傾けずに、規制を取り払って戦争への道へと歩みを進めており、世界中で苦しむ人びとが増え続けています。
 (中略)私たちUTLAの組合員と執行部は、イーライ・ブロード(ロサンゼルス統一学区LAUSDの学校の50%を民営化する計画を提示)、ウォルマート財団、ケック財団(オイルマネー)、それに現在はブロードに協力して共に動いているLAUSDの前教育長ジョン・デイジーなどに、先制的にことを構えて立ち向かっています。
 (中略)全国で組織化を続け、安全破壊と外注化に反撃し、戦闘的な労働組合をよみがえらせて全国的なネットワークを構築しようと努力しているみなさんと、私たちの心はいつも共にあります。私たちはみんな世界中の労働者のグローバルな運動の一端として戦っているのですから。ガンバッテ!

◆中国鉄道労働者連合会(メッセージ抜粋)◆
 (前略)各国労働者は団結で一致した精神によって、戦争に反対し、搾取に反対し、民営化や派遣、外注制度に反対しています。同時に、日本と韓国の労働団体はさらに団結してストライキを行おうとしています。私たちは、これに深く感動し奮い立っており、参加することはできないとはいえ、皆さんの集会の成功を祈ります。
 (中略)政府と国有企業の官僚、学者たちは、各国政府の民営化や市場化による改革の道をずっと考察し、研究史、参考にし、先進的な経験とみなして民営化や市場化を進めていますが、しかし各国の労働者が受けた改革の抑圧と傷害、そして彼ら労働者の怒りと闘争を臆病にも隠そうとしていることを、私たちは知っています。
 (中略)中国鉄道労働者連合会は、日本の安部政権が強めている戦争を準備するための諸行為を強烈に糾弾するとともに、彼が日本国内で進めている日本の労働者人民の利益を損なう各種の政策を同様に糾弾します。今日、私たちは精神の上で、皆さんの戦争反対、搾取反対の闘争に参加しており、遠からざる将来、中国の鉄道労働者が行動において、日本の鉄道労働者、アジアそして世界各国の労働者とともに立ち上がりたいと思います。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター