2015-11-05(Thu)

11月集会 報告 その4

 11月1日、前段集会での作部中執委員長の発言です。
写真 5



 今日、皆さんにこの場で10月27日、京都大学でバリケード・ストライキを打つことが出来た。このことを皆さんにご報告できることを、本当にうれしいという風に思います。この21世紀に日本の大学で初めてのバリケード・ストライキに、至る道は本当に大変なものでした。毎日毎日、いろんなクラスに入って学生と討論をして、「どうやって戦争を止めるのか」「僕らはどうやって、この先生きていけばいいのか」このことに関して、ずっと真剣に討論してきた。その中で、僕達自身がこの社会に力を持たなくちゃいけない。僕達自身が社会の主人公にならなくちゃいけない。

 その為にストライキをやるんだ。こういう討論をずっとしてきました。しかし、バリケード・ストライキというのは、実際にやりたい人達の授業まで粉砕する。本当にこれでいいのか。僕らがいろんな討論を経て、毎日毎日悩みながら、でも僕達は今日ここに来てくれているトルコと韓国の労働者が本当に命がけで、戦争を止める為に闘っている人たちと本気で連帯するために、バリケードを築いてストライキしなくちゃいけないと決断しました。あの戦争法に対して,国会前に何十万、何百万という人たちが集まって安倍の戦争を絶対阻止するんだ。あるいは日本において、動労千葉をはじめとする動労総連合。

 港合同、関西生コン。こういった人たちが戦争をとめるためにストライキを打つんだ。こうやって闘っていることに対して、僕ら学生がどう答えるんだと考え抜き、私達はバリケードを築いて、ストライキに立ち上がりました。京都大学の中で、山極寿一総長が表向きは「戦争反対だ」と言いながら、実際には大学の中に公安警察を招きいれて、反戦運動を叩き潰そうとしている。

 そして全国の大学ではどんどん軍事研究が始まっていって、経済的徴兵制が言われて、私達の日常が戦争に染め上げられていっている。このことに対して私達が、こんな授業のあり方、こんな大学のあり方、粛々とした学習環境を問題視して、粉砕しなくてはならない。その決意の下で僕らは戦争反対でバリケードを築いてストライキに立ち上がりました。非難ごうごうだろう。どういう反論が出てくるか分からない。そういった思いでやったこのストライキは、本当に感動的な決起が続々と勝ち取られました。僕らがストライキに立ちあがって、全国から学生が集まって、戦争反対でストライキをやってやるんだ。このことを学生に訴えたとき、みんなが僕達のビラを受け取り、僕達の話を聞いて悩み始めた。

 そしてこのストライキが終わった直後に、いろんな学生と話をしました。そしたら、本当に僕達がバリケードを築いて、ストライキをやっていることに感動して「次は自分の授業でやってくれ」、そういった人達がどんどん出てきている。このストライキをみて今までの戦争についてリアリティーを持っていなかったけども、なにか凄まじいことがおきているんじゃないか。自分でもっと考えて討論したい。そう思う学生がどんどん出てきている。これこそが僕達が大学の中でストライキを一つ打った瞬間に、この大学を塗り替える。大学が解放区になっていく。大学の中で未来を作りだすための討論が、次々に生まれっていっている。これこそが僕らがバリケードを築いて、授業を粉砕してストライキをやったことによって生まれた意義だろう。そういう風におもいます。

 僕達全学連は、そして同学会中執は、今回のストライキからどんどん広げていって全国の大学でストライキを打ち、次は京都大学で全学を巻き込むストライキを打ちたい。今度はキャンパス全体を封鎖して、僕達が大学のあり方を一から作りあげるような闘いを、皆さんと連帯してやりぬきたい。この僕らの闘いに対して、京都大学当局はすぐさま刑事告訴すると言ってきました。本当にナンセンスな話です。しかし彼らは直接手出しできないから権力にお願いするしかない。京大当局は、指一本触れることが出来ませんでした。そして中から学生を入れて内側から破壊させる。学生を動員して学生同士を分断させる。全学連の中にスパイを送りこんで内部崩壊させる。こういったやり方しか彼らは出来ない。

 しかし、その中で団結を拡大して、スパイ化工作を粉砕して、京大でバリストを打って、世の中から支持されている。ネットですら賛否が半々。こういう状況を作りだしています。今の時代にバリケード・ストライキが甦った。本当にいろんな人たちが心から喜んで、支持して一緒に闘いたいと思っている。だからこそこの新自由主義大学を粉砕するために、戦争をやる安倍政権をぶっ倒すために、ここに集まった全国の労働者・学生・市民のみなさん。そして世界から集まってくださった労働者・学生の皆さんと本気で連帯して、全ての戦争を止めるために、今日これから決断して立ち上がっていきたい。今後ともよろしくお願いします。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター