2015-11-05(Thu)

11月集会 報告 その5

 11月1日、東京・日比谷野外音楽堂で全国労働者総決起集会が開催され、国内外で戦争と民営化に反対して闘う5700名の労働者・学生が集まり大成功しました。中執も参加し、京大ストの報告が行われました。集会での発言の一部を紹介します。

◆韓国・民主労総ソウル本部事務処長ソン・ホジュン氏◆
ダウンロード

 韓国の闘争する労働者に代わって、16万民主労総ソウル本部組合員を代表して、全国労働者総決起集会に集まった同志たちに熱い連帯と闘争の気持ちを込めてあいさつします。闘争(トゥジェン)!

 同志の皆さん! 安倍政権の軍国主義再武装に対抗した労働者人民の抵抗闘争は、今ここ東京だけでなく日本全域を揺り動かしています。過去日本の軍国主義支配勢力が起こした戦争で、日本だけでなく周辺国民衆まで、血なまぐさいにおいがする骨肉争う惨禍の中に死んで行ったことを考えてみて下さい。これを記憶するならば、今同志たちの闘争は同志たちだけの闘争ではありません。同志たちの闘争は、アジアはもちろん全世界の平和と人類の真の民主主義を守る闘争になる以外にないと私は確信します。

 同志の皆さん! 同志たちの闘争で日本全域が揺り動いている今この瞬間、韓国の労働者と民衆もまたパククネ政権の労働法改悪に対決し、苛烈な闘争を轟かせ、立ち上がっていることを忘ないでください。パククネ政権は今回の労働法改悪を通じて、賃金と労働条件をより一層悪化させようとしています。そしてそれだけでなく労働者をより一層安易に解雇できるようにし、非正規職と間接雇用労働者を拡大しようとする陰謀を露骨化しています。「韓国版安倍」と呼んでも全くおかしくないパククネ政権に対決し、私たち民主労総は来る11月14日、全国20万労働者と農民がソウルに集結する総決起闘争を予定しています。またこれを始めとして11月と12月につながるゼネストで勝利の瞬間まで決して退かず闘うことを決意しています。

 同志の皆さん! 1980年以後押し寄せてきた新自由主義世界化の暴風の中に歯止めが効かなくなった資本と権力の限りない貪欲は、結局全世界すべての国家と社会を極端な両極化の泥沼に追いやっています。全世界民衆が公平に分けなければならない社会的富は、極少数の資本家たちの金庫に積もり、これは資本主義世界体制を慢性的危機状態でおとしいれ、結局は資本主義それ自体を破綻させる時限爆弾に変わっていきつつあります。

 同志たち! 今私たちは選択の岐路に立っています。「新自由主義攻勢にずっと後退して再び帝国主義世界戦争の惨禍の中に追い出されるか,”でなければ“新自由主義世界化を終わらせ、平和と平等そして全世界民衆の真の自由が保障される新しい世の中の道を開くのか」まさにその選択ということです。

 同志たち! 今回の闘争から退かない自信がありますか? 野草(やそう)のように広がる闘争で必ず勝利できますか? ひとつの国の労働者民衆の力で不足するなら、日本と韓国の労働者連帯と団結された闘争をより一層強固にしましょう。これでも不足するならば、より大きな連帯、さらに強い団結を作りましょう。そうして安倍政権の軍国主義再武装の企みを一掃し、パククネ政権の労働改悪の陰謀を破綻させ、そしてさらにこの忌まわしい新自由主義資本主義の世の中を終わらせてしまいましょう。万国の労働者よ、団結せよ。そして資本主義の抑圧の鎖をたち切ってしまおう。ありがとうございます。
写真 5 (1)
韓国の労働組合から29名が、日比谷の集会に駆けつけました。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター