2015-12-31(Thu)

2015年を振り返って(4)

 4月以降新歓が始まりクラス討論などを行いました。今年は去年とは違い、安保法制や韓国のゼネスト、ISへの攻撃激化など情勢があまりにも激しかったので、クラス討論においても情勢のなかに大学を位置づけることを主眼として行いました。去年まで行っていた議長制も今年は重視せず、中執が学生に向かって訴えかけるスタイルをとりました。以前までは自治会的な要素を入れつつ行ってきましたが、この情勢の中で同学会運動の限界があったように思います。しかしそれでも多くの学生と結びついて議論をすることができました。5月末には京大を飛び出して河原町でデモを行い、大学改革や大学の戦争協力を弾劾しました。少人数でしたが、元気にやったことでかなりの注目と支持を集めました。
 5月からは時期執行部の選挙があり、作部委員長体制が確立しました。ストライキを訴える候補者団であり、ストライキに関してかなり討論になりました。1回生だけでなく多くの上回生とも討論することができた実りある選挙だったと思います。投票数は1100票ほどで年々少なくなっている趨勢であり、さらに信任が不信任を上回りましたが、これまでになく拮抗しました。7月の代議員会で作部委員長体制に移行し後期のストライキを準備していくことになります。

 ところで今年は大学当局の弾圧が非常に激しくなった年でした。
 同学会にたいする非公認の告示は毎年恒例ながら、今年は代議員会に対しても非公認の告示がだされました。
 では「本物の同学会」はどうか、ということについては5月サークル結成願いの締め切りを巡って当局との癒着が明らかになりました。締め切りの前日(それも業務が終わる17時ごろ)に学務部に確認すると「同学会」の結成願いは出ていませんでした。次の日(つまり締切日)の朝一に学務部に行って確認すると『「同学会」の結成願いは前日の業務終了後17時15分ごろに出されている』と言われた。書類を確認するまではと座り込みを行い、たまたま書類のチェック表が見えたとき「同学会」の欄にチェックされていませんでした。このことを追求すると、学務部は「昨日忙しくてチェックし忘れた」と回答。業務終了後に忙しいはずなどあるわけありません。ひどい癒着でした。
 そして6月には総人仮承認団体が廃止されることが当該団体に通達されます。7月7日までにボックス返還等を認める書類にサインしなければ学務部に申請できないということが言われました。しかも学務部に申請しても公認されるのは申請を出し続けて3年後という、活動を保証しない内容でした。総人の管轄から学務部の管轄へ橋をかけてくれないということで織姫と彦星もびっくりでしょう。この弾圧については総仮連が結成され大衆的な運動が組織される中、12月9日に粉砕されました。翌日10日には総仮連主催で今の大学のおかしさを突く学内デモが行われました。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター