2015-12-31(Thu)

2015年を振り返って(5)

 今年の夏休みは国会闘争の時期だった。安倍内閣が6月の国会で安保法案を採決しようと画策していたものが、国民的な反発を受けて延びに延び、衆議院では7月16日に通過したものの参議院の日程は60日ルールも相まって9月が見込まれていた。最終的には9月19日早朝に通過して安保法案が成立した。
 この事態に対して日本各地で安保法案反対のデモが起きた。今年度序盤から盛り上がり始め9月参院通過の前後に向かって一気に絞り上げられていった。連日のように国会前で多くの人が抗議し、8月30日には10万人が集まったといわれている。京大においても学者の会とシールズ関西とが共催で7月14日に学内集会を行った。その集会の最前列に並んだ私たち同学会中執3人が翌日の朝日新聞に掲載されたことはよく覚えている。その翌日15日に私たち中執も国会前に行き戦争反対の声を挙げた。
 日本で安保法制が進められていくのと同時に東アジアで軍事衝突の緊張が高まっていた。韓国で民主労総が朴槿恵政権の労働市場改革に対してゼネストを打ちぬいた。韓国内が先鋭的に対立する中で、8月には南北国境間で地雷が爆発し南北間の緊張が高まった。さらにそれ以前、米韓の共同軍事作戦が改訂され、北朝鮮が攻撃する兆候を見せただけで先制攻撃を行えるようになっていた。加えて南北間の緊張が高まった8月の中旬に米韓合同の軍事演習を行い、韓国の公務員労働者40万人ほどが動員されていた。朝鮮を巡って戦争の準備がだんだんと進んでいるのである。
 今回の安保法案成立によって日本がこの挑戦を巡る対立に積極的に噛んでいくことは疑いないことだろう。最近でも日韓は従軍慰安婦問題で「最終的かつ不可逆的解決」した。これは朝鮮の対立の文脈が大きいだろう。

 さて夏休み後も世界中で戦争や、南シナ海を巡る対立も激しくなった。この情勢の中で後期、同学会中執はストライキ方針を掲げて運動を続けていった。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター