2016-02-15(Mon)

2月15日(月)職組裁判 報告

 詳しい訴訟内容については、昨年の中執の報告で共有してください。

最低限の前提:
 東日本大震災の復興予算を確保するという名目で運営費交付金が減額され、その結果として教職員の賃金が2012 年夏から2014 年3 月まで一時的に削減されていました。まず国家公務員の賃金が減額されたことに合わせて公務員に準ずる存在として大学の教職員の賃金を減額するよう国から要請があり、このようなことになりました。これに対して全国の大学で大学当局を相手に教職員が減額された賃金を求めて訴訟を起こし、京大では2013 年6 月に96 人(後に115 人)の原告が訴訟を起こしました。この賃金訴訟について、1審では原告の完全な敗訴となりました。その後原告は控訴し、今回が3回目の陳述です。

 今回の職組裁判では、賃下げの根拠となっている財政状況について、職組(原告)からあらためて追及がありました。
例えば、大学の教職員は準公務員であり、国家公務員の給与よりそもそも1割低い。なので、いくら震災時だからといって、国家公務員に準拠してさらに賃金を下げることは、従来の労働法における法廷法理からしておかしいというものです。そうした法律問題について、5人の労働法学者からの意見書も提出したそうです。

しかし、財政問題に対して京都大学(被告)は「高度の必要性があった」の一点張りで反論せず、学者の意見書を提出することはありませんでした。

むしろ京都大学は、国からの要請には従わなくてはならないという部分に重きを置いています。財政問題は討論の範疇になく別次元という主張にますます移りつつあります。

総括集会では、同じ内容の賃下げ反対裁判を闘う福岡教育大の原告団長も来ていました。福岡教育大は1審、2審の判決で敗訴が決定しましたが、上告するそうです。
全国大学高専教職員組合の人来ていて、全国の訴訟状況を説明してくれました。
huhuhuhu.jpg

 その他傍聴支援としては、京都の労働組合として京都総評の人が来ていました。
京大の問題の決着は、民間の労働者にも波及することなので、参加・連帯していると挨拶がありました。
京都の医労連の委員長も来ており紹介されました。京都市立病院の保育園はすでに民営化されているのですが、そこで働いている職員が、事業者の変更に伴い全員解雇になることが決定したそうです。当該とともに裁判闘争を構えているそうです。また京都で社会保険庁が年金事務所に民営化される際に解雇された15人の労働者の裁判も行われているという話がありました。そこの裁判官が今回の裁判の裁判官と同じ人だそうです。

 総括集会後、以前京都総評の人から反戦ストライキをやると聞いていたので、当人に結果を聞いた所、既にいくつかはやったみたいです。純粋な政治ストは違法なので、その他職場改善を盛り込んでやったそうです。

 全印総連は安保法案の成立の前後でやったし、医労連やJMIU(金属・情報機器)などの組合も少なくともスト権の確立まではやったそうです。
 3月上旬から中旬の春闘でまたストライキは起こるそうなので、できればそのときはどんな感じなのか見に行きたいと思います。

 次回職組裁判は結審です。3月23日16時から、大阪高裁第73号法廷であるそうです。
その上で、判決は5月以降になるそうなので、新歓での報告は間に合いません。しかし、どんな形になるにせよ、職員との連帯はこれからも行っていきたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター