2016-02-28(Sun)

2月18日情報公開連絡会 報告

 huhuupl.jpg

2月18日木曜日に、京都大学構内で「情報公開連絡会」が開催されました。情報公開連絡会とは、京都大学において毎月一度、学生担当の副学長が一か月間の会議の報告や今後の大学の方向性について情報公開を行う場です。そして特に最近は、同学会・学部・寮・サークルの各自治会や京大新聞社などの学生メディアも毎回のように参加して意見や質問をぶつけ、なにか学内で重要な問題が起きたときなどにはさながら全学団交の様相を呈する闘いの場となることもありました。

 こうした学生からの突き上げに耐え切れず、今年1月18日の情報公開連絡会において川添信介副学長は「情報公開連絡会を廃止する方向で検討する」と宣言しました。「自由」や「自治」を語り、山極寿一総長自ら「学生との対話を重視」すると言っていた京都大学当局が、ついに新自由主義大学としての本性をむき出しにして、学生との交渉を一切拒否しようとしてきたのです。

 また当局は同時に、これまで京大学生運動の支柱をなしてきた寮自治会に対しても「団体交渉をしない」「確約を引き継がない」と言って屈服を迫っています。今回の情報公開連絡会は春休みにもかかわらず30人以上の学生・教職員が参加し、京大当局に対する怒りが爆発しました。情報公開連絡会の廃止について、川添副学長は「今後は広報紙やホームページ、ツイッターで情報公開し、質問や意見はメールフォームで受け付ける」としました。

 これに対して、同学会中央執行委員会を先頭に、一回生を含む多くの学生から激しい追及がなされました。「学生の前に大学の責任者が出てこないというのはありえない」「『学生との対話を重視』というのは嘘か」「窓口に行ってもたらいまわしにされるだけで誰も責任を取らなかった。責任者が直接説明する場は必要だ」「メールフォームだと一方的に無視できるし、緊急の問題について対応できない」など、無責任な当局への怒りが爆発しました。

 川添副学長は「この件について対話する必要はない」と自ら対話を拒否する姿勢を暴露し、「時間になったから終わりにする」と宣言して逃げ帰ろうとしました。学生は副学長の逃亡を制止し、さらに入試期間中のビラまき「自粛」要請や、学生を国際商品化するTOEFL-ITPの受験強制、教職員への年俸制導入などについても追及を行いました。川添副学長は無責任な回答を繰り返した挙句、最後は「これ以上はメールフォームで送るように」と捨て台詞を残してほうほうのていで去っていきました。

 京大当局はすでにぐらぐらです。情報公開連絡会をなくすと宣言しながら、代替手段の目途が立たずに3月にも開催するとしています。この力関係を作ってきた最大の要因は、やはり10・27京大反戦バリストです。「不可能」とされてきた新自由主義大学における学生ストライキに、京大当局は完全に対応不能に陥りました。慌てて「刑事告訴するぞ」と宣言したものの、今に至るまで具体的な弾圧に踏み切れずにいます。

 一方でこの闘いは、全国の学生に大学支配を打ち破る展望を示し、2016年度決戦の端緒を切り開いています。すでに京大生の中から「次はTOEFL強制反対でストライキを」といった声が出てきています。

 今回の連絡会において、2月7日北朝鮮のミサイル発射実験の際に、京大当局が全学メールで「注意」を発したことが弾劾されました。安倍政権と一体で北朝鮮の脅威を煽り、戦時下体制の一環をなしているのです。全国では、来年度は大学・研究機関での軍事研究が20億円規模に膨れ上がります。四月新歓から七月選挙決選、全国大学反戦ゼネストまで上りつめます。

中執委員長 作部

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター