2016-03-10(Thu)

京大当局への抗議文(3月4日)

2016年3月2日

京都大学総長 山極壽一殿

京都大学全学自治会同学会中央執行委員会

抗議文


 2月29日から3月1日にかけて同学会中央執行委員会委員長である作部君を含む全国の学生6名が京都府警によって逮捕された。さらに全国各地の学生運動や労働運動、市民運動の拠点が家宅捜索された。これは京都大学で昨年10月に行われた同学会中央執行委員会(以下、同学会中執とする)主催の反戦バリケードストライキに対して京都大学当局(以下、当局とする)が威力業務妨害罪として告訴したためであった。

同学会中執は当局と京都府警の暴挙に対して強く抗議する。そもそも昨年10月に行われた反戦バリケードストライキは、同学会中執が京都大学としての軍事研究に対する態度表明をそれまでに再三申し入れ要望してきたにもかかわらず、当局が無視し続けてきたために、同学会中執が決断して行ったものだった。当局はこのバリケードストライキを受けて同学会中執を初め、全学に対して軍事研究に関する立場を早急に表明すべきであった。しかし当局による立場表明は一切なされないまま、迅速な刑事告訴が行われ、先日の家宅捜索と逮捕が執行されたのである。当局が率先して警察を導入することは学生との対話を放棄することであり、「対話を重視する」ということを就任時に掲げた山極総長体制下にあってあまりにも矛盾した対応である。学生に対する最大の敵対行為である。

また、現在世界各地で発生している戦争や紛争に日本政府が積極的に関与し、武器輸出や資本輸出を行おうとしている。そして昨年9月に成立した一連の安保法制によって日本が直接的に戦争に関与することが合法となった。一方で反戦を訴える行動は今回のバリケードストライキのみならず、非合法あるいは監視・抑圧の対象とされつつある。反戦を掲げたバリケードストライキに対して当局が「到底一般社会では許されない犯罪行為」として警察に告訴することは、この日本における戦争の合法化に大学が掉さすことであり、絶対に許すことができない。

私たちはこれ以上の警察=国家権力による暴挙を許さない。それを招き入れる大学の腐敗を許さない。当局は逮捕された学生に謝罪し、即時に告訴を取り下げろ。

満腔の怒りをもって、以上抗議する。


3月2日は学生課の課長が出勤直後から一日中何処かに行っていて会えず、窓口への提出は3月4日になりました。201603130225400b2.jpg
抗議文は、学生と一切対話しない藤田課長に、怒りを持って叩きつけられました。


trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター