2016-07-17(Sun)

処分通知の内容と経緯

◆処分通知の内容
7 月14 日の昼、作部同学会委員長・大森副委員長・阿津次期書記長・髙田執行委員の4 名に、速達で山極壽一総長名義の「処分通知書」が送られてきました。

 処分内容は全員「停学(無期)」と書かれており、当局からの呼び出しが無い限りは大学への入構・単位履修・課外活動への参加・大学の設備利用を禁止するというものです。

 別紙の「懲戒処分理由の要旨について」に書かれた処分理由は以下の通りです。

 貴君は、平成27年10月27日に、本学吉田南構内 吉田南1号館のバリケード封鎖に関与し、多くの学生の授業を受ける権利を著しく侵害し、教職員の執務を著しく妨害し、かつ、平穏な教育研究環境を著しく阻害した。この行為は、大学の秩序を乱すもので、決して許されるものではない。本学としては、今回の行為の事実関係について調査を行い、慎重に審議した結果、貴君を停学(無期)処分とすることとした。

◆処分通知の経緯
12日20時すぎ 4名の学内メールに懲戒処分の言い渡しメールが届く。処分の内容や理由は一切書かれておらず。
13日14時から 懲戒処分の言い渡し。大勢で行くと、教学部職員がおり、「1人じゃないと言い渡しをやらない」「1人になったら責任者を呼ぶ」と言い張って、一切内容は答えず。責任者も言わず。
14日昼 速達で4名に無期停学処分が通告される。

無期停学中は学費を払う必要があります。ある意味退学以上に悪辣です。文書にはバリストに関わったからとのみ書かれており、大学の敷地への立ち入りを禁じています。

これは参院選で改憲勢力が3分の2を取り、本格的に戦争に向かっていくための攻撃です。辺野古にも機動隊による大量弾圧が来ているようです。

しかし私たちはすでに不起訴を勝ち取っています。こんな処分になんの正当性もありません。団結を拡大して、断固粉砕し、第二波ストへの跳躍台にしていきましょう!

◆反戦ストは無罪
京大の刑事告訴から2月末~3月冒頭に作部委員長を含む6学生が逮捕されましたが、奪還闘争の結果、3月中に不起訴釈放を勝ち取りました。纐纈書記長の奪還闘争の総括を再掲しておきます。
http://dougakukai.blog.fc2.com/blog-entry-645.html
http://dougakukai.blog.fc2.com/blog-entry-652.html

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター