2016-10-26(Wed)

10.21国際反戦デー集会 文章

1477021011.jpg

「韓国で闘う学生のように、ベトナム反戦闘争を闘った当時の学生運動のように、本気で世界を変える闘いをやろう!」(集会基調より)。京大同学会中執と全学連が呼びかけた「10・21国際反戦デー闘争in京都」は、韓国ゼネストと連帯し、学生の自己解放的な怒りと行動で戦争・改憲をうち破る闘いとして成功した。

 当日昼の京大キャンパス集会&デモは大高揚した。本部時計台前には4学生処分撤回ののぼり旗と「バリスト1周年/戦争阻止! 処分撤回!」と書かれた看板がいくつも並び、太鼓とブブゼラが鳴り響く。解放的雰囲気の中、集会開始が宣言された。
 
 作部羊平同学会委員長が基調を提起した。「戦争と大学自治をめぐる攻防だ」「刑事告訴に無期停学処分、看板破壊と集会禁止、5千を超える署名の受け取り拒否。山極体制は安倍の改憲・戦争への道を掃き清めている。しかし、僕たちの行動でこの現実がどんどん変わっている」と訴え、京大生の思いを共有して昨年を超えるストをやると宣言。年内3万筆の署名と無数のクラス決議で無期停学処分を撤回させよう、11・6集会に決起しようと呼びかけた。
 
 赤嶺知晃・全学連副委員長のアピールに続いて、京大生が次々発言に立った。「学生、労働者など、あらゆる人々がここに集まり一つの社会ができている。昨年のバリストから1年間で作ってきた成果だ」、「処分されるべきは山極・川添だ」、「『悪法も法なり』では戦争を止められません」と核心を突いた発言に拍手が沸き起こった。
 
 京大生と同学会の闘いの前進に追い詰められた山極壽一総長体制は、またしても10月20日付の「告示第7号」で集会禁止措置をうち出し、当日は学生課窓口を封鎖して署名の受け取りを拒んだ。これこそ「大学の戦争協力」だ。しかし、学生の行動で変えられない現実はない!  闘う学生のエネルギーが生き生きと発露される集会に、京大生や京大見学の高校生、労働者・市民が立ち止まってカメラを向け、発言を聞いていく。同学会ビラは次々受け取られ、用意した数百枚はあっという間になくなった。
 
 集会後の学内デモで、時計台前集会の解放感はキャンパス全体に一気に波及。勢いそのままに京大包囲デモに突入した。キャンパスに取り残された弾圧職員は茫然と突っ立っていることしかできなかった。
 昼の高揚を引き継いで、夕方の市内デモへ。仕事を終えた労働者が合流して膨れ上がった隊列は祇園を通り抜け、圧倒的注目と声援の中で八坂神社までデモを貫徹した。

 10・21国際反戦デー闘争の成功をさらに拡大させ、韓日11月国際共同行動に大結集しよう! 処分撤回3万筆署名とクラス決議の力で第2波反戦ストへ進撃しよう。団結! 闘争!

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.
プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター