2016-11-07(Mon)

署名集めに、全国展開!!

東北大学で署名を呼びかける阿津書記長(10/18)
swa題s

以下、東北大学学生自治会の報告記事

 10.21国際反戦デーに先立って、『京大生への処分と東北大3243人雇い止めを撤回させよう!10.18東北大集会』を、川内北キャンパス中央でお昼休みの時間帯に、東北大学学生自治会とみやぎ連帯ユニオン共催で打ち抜きました。

 昼集会は、この間議論してきた学生や地域の労働者の仲間が結集する中で圧倒的な注目を生み出し、キャンパスを歩く学生・教職員の中に、いつもの昼休みのチラシ配りの約10倍のビラが吸い込まれ、多くの討論が生まれました。学生自治会からは基調提起として、この集会が10.21国際反戦デーと11.6-12東京ソウル国際共同行動の一環として取り組まれていることを確認した上で、“大学の戦争動員と東北大3243名雇い止め、京大生への処分といったことは個別それぞれ起きている問題ではなく、資本主義の危機の中で起きている一連の問題だ。だからこそ学生・労働者・大学・地域・国といった枠を越え団結して立ち上がることが勝利の道だ”と訴えました。

 続いて、共催団体であるみやぎ連帯ユニオンからは、10月から新委員長となった鈴木光年さんが、自らの雇止めの経験も踏まえながら非正規職労働者の怒りを訴え、非正規職撤廃を目指す労働組合として3243名と共に大闘争を展開することを宣言。

 さらに、集会のために駆け付けてくれた京大被処分者の阿津良典くんは、戦争や原発、雇用破壊の問題に触れながら「いま大学当局は社会に一切責任を取れていない」「本来、大学は労働者・学生のものであるから、それをまるごと全部取り返したい」「そのためにも大学で、そして社会の全機関でストライキをやるしかない」と、昨年来ますます戦争反対のストライキの意義が高まって来ていることを訴えました。その後、昼休みの一時間、集会に参加した学生・労働者が代わる代わるマイクを取って、それぞれの思いを語り、今後の闘いへの意欲を燃やしました。

 また昼集会の高揚を引き継ぎ、夕方に行った阿津くんと東北大生の交流会にも多くの東北大生が参加し団結を固めました。この間、私たちはみやぎ連帯ユニオンと共に、本部のある片平キャンパス、医学部・大学病院のある星陵キャンパス、工学部や理学部のある青葉山キャンパスなど、これまで私たち学生自治会が中心的に活動してきた川内キャンパスから活動領域をぐっと広げて情宣活動を行ってきましたが、そのことによって大学の内外から多くの共感が寄せられてきています。学生と労働者がスクラムを組んで東北大ストライキに立ち上がる時は日一日と近付いています。
無ssdsdsds題
多くの学生が注目しました。

広島大学で署名を呼びかける大森執行委員(11/1)
swa題sa

以下、広島大学学生自治会の報告記事

 11月1日、広大キャンパス集会を行いました。京大「無期停学」処分の撤回とあわせ、10月30日から開始された日米合同軍事演習「キーンソード」に大学から対決する行動としてもありました。京大生が来るということで、朝から広大生の間で話題となっていました。昼休み、広大キャンパスの「スペイン広場」で集会が始まりました。

 集会基調の提起は広大学生自治会委員長の森田寛隆くんです。冒頭から韓国ゼネスト情勢、パククネ打倒情勢をアジり、「過労死や戦争など、人間らしく生きられない現実を大学こそが強制している。生きられない世の中を変えるため、京大に続くストライキを広大から巻き起こそう! 韓国をはじめとする全世界の闘う労働者・学生と連帯する11月国際共同行動へ!」と呼びかけました。
 
 続いて大森くんが登場! 広大生の注目が一層集まります。「戦争を止めるための最も有効な行動は何だと思いますか? 学生たることに誇りと自信を取り戻すための行動は何ですか? それはストライキです!」--京大ストライキの地平を高らかに提起し、広大生もストに立とうと訴えました。

 広島大学生協で働く労働者が発言。私たちと同じ大学を足場にし、大学の現実を変えようと立ち上がっている労働者の訴えは、圧倒的に共感できるものでした。最後に、再び森田委員長が集会のまとめと行動方針を提起し、集会が終わりました。大学職員が集会の妨害にやってきましたが、集会場に近づくことすらできずにいました。
無題scsc

 夕方は討論集会。韓国の闘いの映像が流れた後、①キャンパス・職場にゼネストの芽はあるか、②私たちが取り戻したい大学・職場とは何か、③変革のためにどのように訴えていくか、を主なテーマにして討論が活発に行われました。森田委員長、大森くん、広大生、スト権ストを闘った労働者、広大生協労働者などが発言に立ちました。

 昼集会-夕集会ともに、1年生や初参加者が合流し、大成功しました!韓国のように一気に情勢が動く機運は広大にも全国大学・職場にも必ずあります。頑張りましょう!

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター