2016-12-06(Tue)

ビラ①(11.23呼びかけ)

ビラの写真と、文章です。

11月23日京大全学自治会同学会中央執行委員会が主催し、京都市内デモを開催します。京大生のみなさんの大結集を訴えます。

◆韓国・「パククネ打倒」の100万決起に続こう!
 韓国でパククネ打倒から社会を根底的に変革するまで止むことのない闘いが開始されました! 労働組合のナショナル・センター、民主労総が昨年以来、何派ものゼネラル・ストライキに立ち上がったことによって、あらゆる階層の人々が決起し、パククネ政権を揺り動かしてきたのです。
 「恋愛」「結婚」「出産」「マイホーム」「人間関係」 「夢」「就職」の7つを諦めざるを得ない「七放世代」と呼ばれる青年・学生の現実。セウォル号事故に見られる社会崩壊の現実。そしてそれら一切の根幹にある、労働組合破壊を通した民営化・非正規職化の横行。「ヘル朝鮮」という造語までつくられるまでボロボロにされた人々の生活の裏側で軍事独裁政権以来のパククネの側近、チェ・スンシルは一体何を行っていたか。。
 あらゆる国家機密文書を閲覧、大統領に助言。自らの娘を名門大学に裏口入学、不正に単位取得。政府・財閥と癒着し、財団を設立。金銭を横領。
 ここで明らかになったのは何か。「国家」なるものは所詮、一握りの財閥と富裕層によって私物化され、思うがままに運営されているこということです。
無題iiii


◆日本でこそ求められるストライキ。
 京大反戦ストへの処分撤回を!
無iiiiii題

 パク・クネ政権の危機をもって明らかとなった国家の本質は日本においても何ら変わることはありません。一握りの大独占資本の生き残りと栄華のために、未来ある若者が命を奪われるまで使いつぶされている。大学と学問が軍需産業によって買収されている。日本でこそ本質的にストライキが求められています。
 昨年10月27日に行われた京大反戦バリケード・ストライキは自らの身を賭してこの社会の変革への回答を示すものでした。
 私たちを処分するならば、京大当局・山極総長は、戦争を本当に止める道、学生が生きられる道を提示してみろということです。それどころか同学会のみならず、クスノキ前に有志が作成した看板を破壊する、集会禁止の告示を出す、やっていることは安倍政権と一体の改憲の先取りそのものです。
無題iiiiiii

 私たちは処分撤回にむけてどこまでも闘いぬくとともに、署名運動を通して、私たちに続くストライキを全京大生―全国の労働者によびかけ日本において韓国・民主労総と並び立つようなゼネストを実現する決意です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター