2016-12-06(Tue)

ビラ④(12.3後)

●処分撤回-学生自治破壊絶対反対の
第二波京大ストで、日本からも革命のうねりを!


韓国は革命前夜
uu無題

 12・3、韓国全土でパククネ退陣を求め、6週連続の大規模抗議集会が行われました。なおも大統領職にしがみつくパククネへの怒りはますます燃えさかり、集会参加者が手にしてきたローソクは、松明(たいまつ)に代わりました! 12・12集会で、パククネ打倒に向け不屈に闘い続ける韓国民衆に京大から応えましょう。11・24、京大と同志社大の韓国人留学生・研究者79人が、京大キャンパスで「時局宣言」を発表し、パククネの早期退陣を要求する行動に立ち上がりました。この闘いに続こう!

◇日本もストライキで安倍政権たおそう

 安倍政権は韓国で始まった革命が日本に波及することを恐れています。日本でも韓国でも、学生や労働者民衆が置かれている状況は一緒です。若者から高齢者まで競争と貧困にさらされ、「生きさせろ!」の怒りが社会の隅々まで充満しています。これに対し、韓国ではひとたび労働組合が中心となってゼネストに立ち上がった時、怒れるすべての人びとを団結させ、政権打倒の政治ゼネストを巻き起こせることを示しました。ストライキの中でこそ「職場と社会の運営に全責任を取っているのは経営者でも、政治家でもなく、俺たちだ!」という誇りが甦るからです。

◇クスノキ前看板への『告示第8号』に抗議の声を!
無iy題

 昨年10・27の京大反戦ストライキも、日本でこうした闘いを巻き起こすためのものでした。安保・戦争法を強行成立させた安倍政権への怒りを、参院選に流し込もうとしたシールズや野党勢力に対し、学生・労働者のストライキという「もう一つの選択肢」を示したのです。

 それから1年余り。国家権力と京大当局は、今年3月6学生を逮捕(全員を不起訴奪還)、7月には京大同学会執行部の4学生に「無期停学」処分を下しました。10・3後期開講日には、学生処分や自治破壊を批判する京大生有志の特大立て看板を問答無用に破壊。そして再設置された特大看板に、ついに『告示第8号』(11月18日付)を発表。「撤去の要請に応じない場合、法的措置をも含め厳正に対処する」と言い放ったのです。

 攻撃の矛先は2万3千京大生全体に向き始めました。「法的措置」宣言とは「自由の学風」を標榜してきた京大が「話し合い」路線へ回帰することは二度とないという意思表示であり、学生自治を警察権力=国家暴力で解体するというものです。それはまた改憲・戦争へ、自治や人間的つながりの一掃を目指す、安倍政権の国家意志でもあります。京大の闘いは全人民の利害をかけた闘争にせり上がりました!

 『告示第8号』は京大生の闘いに追い詰められた当局の焦りであり、韓国情勢の京大への波及です。10・3開講日以来の闘いの前進で、当局と学生の力関係は逆転しています。12・12集会で京大・山極総長による学生処分―自治解体に絶対反対の声を上げよう!

 韓国革命の切迫を、戦争でのりきろうとする動きは強まっています。GSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)締結とは、米日韓3国軍事同盟と朝鮮戦争発動で、革命を圧殺しようとするものです。日本での反戦行動がますます重要です。12・12京大集会に集まり、日本からも革命のうねりを!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター