2017-02-15(Wed)

青野くんを解放させよう!!

hucuzhczuzz.png


2月7日と9日の京都地裁デモに続き、14日は京都の街のど真ん中でデモを打ち抜きました!

青野君逮捕とは?
sadoiasdoisa.png

夕方に三条大橋の下に集合したのち、京大同学会の仲間がこの日のデモの意義を訴えました。

「アメリカでも韓国でも『大統領を自分たち自身の権力を打ち立てよう!』と闘っている。これを日本でさせないために、反戦・反原発のリーダーを見せしめで叩き潰す。これが青野君逮捕の本質だ。戦争が合法とされ、反戦運動が犯罪とされるような社会はひっくり返そう」(委員長・作部くん)

全国から駆け付けた学生と京大生も「青野君とともに闘って釈放勝ち取ろう」と決意を述べ、労働組合の方からも「労働者も学生とともに闘う」と連帯アピール。学生と労働者が団結してデモに出発!! 「安倍倒せ! パククネ倒した!」のコールに沿道の学生から歓声が。ご声援ありがとうございました。反戦・反原発運動への政治弾圧をはね返し、青野君の釈放かちとるぞ!

大学の戦争動員ゆるさない
青野君の不当逮捕は、学生や労働者から戦争反対の力を奪う弾圧です。いま、大学への予算削減・教職員の非正規雇用化と一体で、防衛省が大学などに110億円もの予算をつけて軍事研究を行わせています。このかんは、京大教授などがアメリカ軍から8億円の資金をもらって兵器開発にかかわっていることも暴露されました。「『軍事研究か解雇か』をせまる攻撃だ。でも、軍事研究反対を口で言っているだけではしょうがない。自分の現場で闘える学生自治会や労働組合をつくって、体制と闘おう。青野君を奪還して安倍を倒し、戦争も抑圧もない社会をつくろう」(作部くんのデモ出発前アピールより)

闘う青野君の即時釈放を
青野君は戦争反対と同時に、医学部生として、福島原発事故と放射能被害を居直って原発再稼働に進む安倍政権とも対決していました。安倍政権や京都府警らは、反戦・反原発の運動のリーダーを見せしめとして逮捕することで、運動の拡大を防ごうと必死です。

しかし、私たちの連日の街頭宣伝とデモで、青野君を取り戻そう!という応援メッセージが数多く集まっています。戦争反対の運動の広がりに追い詰められているのは安倍政権の側です。政治弾圧をうちやぶって青野君を釈放することは可能です!

青野君の勾留満期までに、検察による起訴策動を跳ね返し、絶対に釈放させよう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター