2017-02-25(Sat)

明日もビラまきやろう!京大生は、闘う地域住民の先頭に立とう!!

1487989020.jpg
(今年の折田先生像http://karasuma.keizai.biz/headline/2767/

昨日に引き続き、今日もたくさんの受験生と団結しました。

新潟、京都、鹿児島・・・はてはソウルの学生まで、4学生の無期停学処分撤回署名に応じてくれました。

「公安摘発やストライキなど、テレビで見ました。最近京大の学生がニュースで話題になってますね」「ツイッターで流れてきました。知ってます。」「軍産学複合体ができそう」「大学の理事会と学生が対立しているのは初めて知った」「今回聞いたことはとても新鮮な内容だ。帰ってビラをよく読んでみる」などなど。

団結勝利!!

ソウルの学生は、友達が韓国の民衆総決起に参加していたそうです。自身は受験勉強で参加できなかったそうで、残念がっていました。

作部くん(京大全学自治会同学会中央執行委員長)が昨年韓国に行ってパククネ打倒デモに参加したという内容を話すと、「親近感がわきます!!!急に近しい人たちのような感じがしてきました!!」と興奮気味でした。

明日もビラまきやろう!!
また明日は舞鶴で高浜原発再稼働反対の地域集会があります。中執はそちらもにも参加します。

img04172_724x1024.jpg
近年、事故を想定した避難訓練という形で、現地自治体職員と地域住民が原発の再稼働に協力させられています。これに対して、現地では相当な怒りがわきおこっています。

そもそも原発事故は決して起こってはならないものであり、事故を想定するにしても、何万人もの被災者を全員逃がす船やバスはありません。昨年の避難訓練に参加できた住民も、ごく一部でした。高浜原発より岬側にある住民は逃げることすらできません。

ある原発労働者は、「原発を守る労働」から「地域住民と労働者を放射能から守る労働」に我々はシフトしなければならないのではないか、と警鐘を鳴らしています。

再建同学会の闘いは、大学の経営協議会に関西電力が入り、「放射能安全キャンペーン」と引き換えに京大が5年間で33億円の原発マネーを受け取っていた現実に立ち向かうことから始まりました。2012年当時の全学選挙では、3042人の投票、2149人の信任で、「総長団交」「大学奪還」を掲げた執行部が選出されています。

京大生は、今こそ原発・放射能と闘う地域住民(自治体職員・原発労働者含む)の先頭に立とう!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター