--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-12-04(Mon)

熊野寮祭への警察導入をゆるさない!

◆ 京都府警を時計台に引き入れた京大当局
 11月29日(水)と12月1日(金)、時計台に登頂する熊野寮祭イベントが敢行されました。これに対して京大当局は、告示第15号で参加者への「学内処分」「警察に通報」を宣言し、11月29日には50人近い職員を動員して妨害し、12月1日には実際に学内に京都府警を引き入れてイベント破壊に乗り出しました。同学会中執は、京大当局による学生の活動への妨害、自治破壊を弾劾します!
 現場に来た五十川・川端署警備課長は「大学から110番があった」と明言。実際に、京大職員が学内に警察を案内したうえで、ポーチの上にのぼった学生を警察と一緒になって無理やり時計台の中に引きずりこんでいます。更には一部の学生を部屋に鍵をかけて閉じ込め、京都府警が事情聴取を行なうという事態にまで発展しています。
 職員や警察と激突しながらも、登頂に挑戦し続けた熊野寮生ならびに参加されたみなさんのチャレンジ精神に心から敬意を表します! 彼ら・彼女らが示してくれたものこそ、権力に屈しない学生の無限の可能性とエネルギーだと思います。

◆ 時計台にのぼるのは素晴らしいことだ
 勝手ながら、時計台にのぼることの素晴らしさについて語ります。このイベントは、言ってみれば時計台にのぼってしゃべって降りるだけです。迷惑だとか危ないとか、ばかばかしいと思う人も多いかもしれません。しかし登山だって、入念な準備を行って、できるだけ安全確認をしながら危険な行軍をやりぬく。理由は「そこに山があるから」。無意味じゃないのです。そこでしか見えない景色があるのです。普段見るだけ・入るだけの時計台が登るものに変わる。少しだけ認識が変わって、建物を見るたびに「これ登れそうだな」とか考えて、力を合わせたら他にもいろんなことができるんじゃないかと発想が膨らんでいく。そういう学生の無限の可能性とエネルギーを自由に爆発させ、常識を塗り替えていく場こそ大学ではないでしょうか? 天動説が地動説に塗り替わっていくのも、政治権力のからんだ文字通りの「闘い」だったわけです。
 だからこそ、それをただただ暴力的につぶそうとする京大当局ほどつまらないものはありません。何より、社会のため、すべての人々のための大学を私物化して、総長先頭に「施設管理権」を振りかざして学生の活動をとことん弾圧する姿勢は目も当てられません。立て看板規制や度重なる処分・逮捕、話し合いの拒否、進むカリキュラム改革……。時計台占拠は、こうした京大にはびこる不自由さをぶちやぶる学生のパワーが結集したイベントとなりました。

◆ 弾圧粉砕し、京都大学を人類解放の砦に
 2014年に学内に侵入した京都府警の公安刑事が摘発されたいわゆる「京大ポポロ事件」の際に、川端署は「警察官がキャンパスに入るのは、基本的に殺人事件などが発生した場合だけ」と宣言しています。国家権力に取り込まれて学問の自由を奪われることがないように、「大学の自治」を守ってきた歴史があるからです。
 しかし山極壽一が総長に就任して以来、「大学当局自らが通報する」という形で学府への警察導入が進んで来ました。反戦バリストへの刑事告訴を発端に、立て看板撤去やビラまき妨害に抗議した安田くん・阿津くんを逮捕させるところまで進んでいます。そしてこうした変化の背景には、安倍政権のもとでの強硬な大学改革の存在があります。
 予算配分を通じた研究者同士の競争と、自由のはく奪。学生への言論弾圧。社会全体で見ても、共謀罪の導入や、労働者の政治活動に対する攻撃が強まっています。こうした暴力的な弾圧の先に準備されているものこそが、改憲であり、朝鮮侵略戦争です。日常の閉塞感を打ち破るのは、キャンパスや職場から弾圧を打ち破る闘いであり、団結した力です。時計台占拠は、学生の力の一端を解放しました。だからこそ、それとしては単なるお祭りに過ぎないこのイベントに対して京大当局は過剰に反応し、多くの社会的な反感を買うことを百も承知で弾圧に乗り出したのです。追い詰められているのは山極総長・川添副学長の方です。この弾圧を意識的に打ち破ったときに、京都大学を戦争ではなく、真に人類解放の砦として発展させることができます。

 12月12日、現在の京都大学における様々な弾圧、自治破壊に対して問題意識を持っている人を広範に集めて集会を開きます。学生は支配されるだけの存在じゃない! 反撃ののろしをあげよう!

◆ 12・12京都大学当局による学生自治破壊を許さない一日行動
12時~13時 @吉田南キャンパス総人広場周辺
18時半~ @京都教育文化センター202室

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。