2013-11-11(Mon)

吉田事業場過半数代表者 決選投票中

以前にクラス討論資料にも書きましたが、現在京大職組が、未払い賃金をめぐる裁判を取り組んでいます。
→京大職組ホームページより

 こうした中で 11 月 11 日の吉田事業場過半数代表の選挙は重要な意味を持ってきました。

過半数代表者とは、労働者を代表して使用者と交渉を行う者をいいます。
この過半数代表者が社員全員を代表して会社の作った就業規則を確認し、意見を述べ、最終的には意見書に意見を書いてサインします。
会社は過半数代表者のサインの入った意見書がないと就業規則を労働基準監督署に届出ることができないので、必ず過半数代表者の選出を行わなければなりません。

 京都大学もまた法人であるため、就業規則の改定による労働条件の改定をする場合、労働基準法で、過半数代表の意見を聞かなければならないわけです。

 労働基準法では、その事業場に労働者の過半数を組織する労働組合がある場合にはその労働組合、過半数を組織する労働組合がない場合には、労働者を過半数を代表する者を選出し、使用者が就業規則を制定または変更する際に意見を述べ、各種労使協定を締結する当事者となります。

 11月11日はこの過半数代表者を決める選挙が行われるわけですが、この選挙が3年ぶりの決選投票を向かえています。
候補は高山佳奈子さんと南幸一さんの二人です。
どうして二つに分かれているのか。

わかりやすくいうと職組陣営と職組に対立する陣営が互いに候補を出している構造です。

立候補している高山佳奈子さんは、職組裁判の原告団代表でもあり、吉田地区の現過半数代表者でもあります。

南幸一さんという人は、情報学研究科の課長補佐で立候補声名で「賃下げ仕方ない」と述べている人格です。

ここまで言えばわかる人はわかると思います。
賃下げを押し通すために、選挙にズバリ当局の肩を持つ人が乗り込んできたわけです。
「黙示の同意論」というのが当局が裁判で出している論点の一つで、それは、反対する人が声を上げない場合は賃下げを認めたものとみなす考え方です。南さんは立候補声明で「賃下げ仕方ない」と言っているような、明らかに当局側の肩を持つ人間です。今回の過半数代表者選挙で当局側の南さんが勝つと、その他多くの「黙示の同意」が得られたとみなされ、裁判が不利に動く可能性があるそうです。
写真 1

私達同学会の中執も全学学生投票よびかけで毎日キャンパスを駆け回っているわけですが、
立候補している高山さんも、ほぼ毎日、京大職組の西牟田委員長とともにキャンパスで演説をしています。
写真 4

かぶります。(写真奥:職組 西牟田委員長)
労働者のみなさん、間違えて同学会の方に投票してはダメですよ


 過半数代表者の投票は→それぞれの場所で行ってください。
投票可能者、投票時間は以下の通りです。
写真
 職組も述べていますが、賃下げそのものにとどまらず、昨今の大学を巡る現状は法人化体制そのものをとらえ返さなければならないような事態です。

 私としては、職組の闘い断固支持!です。とりわけキャンパス展開断固支持!です。
昨年の11月12日も、国際高等教育院問題をめぐって職組・教職員が動きました。
この時期は年末学内調整があるので、キャンパス全体が揺れやすい時期なのかもしれないですね。

私達も法人化体制を問題にし、形は違いますが、松本総長との団体交渉の是非を巡る学生投票を明日からも呼び掛けていきます。

trackback url


Use trackback on this entry.

trackback

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comments

プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター