2016-10-12(Wed)

10.3京大集会 沖縄大学学生自治会委員長 赤嶺くん&京大生 発言

DSC_0184.jpg
沖縄大学学生自治会委員長 赤嶺くん 

 皆さん、こんにちは。僕は沖縄から来ました。沖縄大学で学生自治会の委員長をやっています。赤嶺といいます。よろしくお願いします。僕は一言、決意を述べたいと思っています。今回僕は、沖縄大学で京大生への処分撤回の署名を集めてきました。
僕もこの京大処分撤回の闘いを、すべての沖大生と一緒に闘って行こうと思ってます。それは、この京大に戦争をとめる道があります。沖縄の辺野古新基地建設、高江ヘリパッド建設を止める力が、この京大で問われているからです。

 先ほども多くの方が述べていました、大学の軍事研究や、昨年の京大反戦ストライキ。あの時に京大の教授は、辺野古新基地建設に関わっている業者から金を貰って、沖縄の基地建設に協力する。こんなことがありました。今、京大でこの戦争をするのかどうか。これが問われています。そしてみなさん。今起きていることは何でしょうか?

 戦争が起きている一方で、世界の労働者が戦争絶対反対で、ゼネラル・ストライキをやっています。京大生の反戦バリストは、この巨大な闘いに続く闘いです。戦争を止めるゼネラル・ストライキをこの日本で切り開いていく。こういう力を持っています。是非、みなさん。この後の署名提出行動と学内デモ、京大包囲デモがあります。

 僕も連帯して共に闘っていこうと思ってます。ここにいる京大生の皆さん。僕らと一緒に戦争を止める、巨大な闘いをやりましょう。僕らが持ってきた生きられない怒りを、これを力に変えていく。今日の行動を打ち抜いていきましょう。よろしくお願いします。

京大生Aさん
 
 京都大学に通っている学生です。この(京大当局によって破壊された)立て看板を他の学生と一緒にしばらく作ってました。一番最初にお願いがあるんですけど、この立て看は有志で作っています。貧乏な学生が有志で作っていて、結構お金がかかっているので、ぜひ皆さんのカンパをお願いしたいと思ってます。京大には、立て看を立てて学生が意見を主張するという文化があって、私はその文化がすごい好きなんですよね。

 というのは、別に学生って発言する場がそんなにないし、なにか決定権を持っているわけではないんですよ。けどそういう学生でも、立て看板を出せば皆が見てもらえる。教職員にも、市民にも意見を見てもらえる。どんなことを思っているか聞いてもらえる。そういう大事な自分たちの意見の表明の場だと思っているんですよ。だからこの立て看が破壊されたというのは、別に私や私の友達、有志が作った立て看が破壊されて悲しいねということではないんですよ。

 私とか、私と一緒にこの立て看を作ってくれた友達が一体何に怒っているのか。京大のどういうあり方に怒っているのかっていうことを全部無視して、それを踏みにじることをした。私たちの思いだし、私たちの言葉だし、学生の意思を踏みにじるようなことを京大当局はしました。立て看をバキバキに靴で踏んで、板を割ったりした。そういうことなんですよ。だから、単純に立て看が壊されて悔しいというのではなくて、私たちの意見を表明する場がなくなろうとしている。なくそうとしている。そういうことがおかしいんだということを強く訴えたいと思います。

 この立て看板に関しても、同学会とは関係なく有志の会が作った。だけど大学当局は破壊する。「無期停学処分者だから」とか、「これはルールだから」とかを建前にして京大当局がやっていることを見て
欲しいと思います。

 今、京都大学の総長をしている山極寿一は、リベラルでいろんな意見を聞くとか、対話を重視するとか、戦争反対だということを京大の外の人たちに対して、沢山言っています。その発言の内容自体を否定するつもりはないんですけど、実際に学内で起きていることを見て欲しい。山極総長が建前で言っているその下で、潰されている学生の意見を見て欲しい。そういう風に思います。

 最後にもう一度カンパをお願いします。ありがとうございました。
2016-10-08(Sat)

10.3報告記事 文章②

みなさん! 同学会の「4学生への無期停学処分撤回! 10.3京大集会」について10月5日、大学当局からまたもでたらめな文書(京大ホームページ-京大について-News)が出されました。その内容をここに晒し、徹底的に批判します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 文書では集会を「迷惑行為」と決めつけ、具体的に5点を列挙している。
①クスノキ前への危険な大型看板の設置
②学内ルールを無視した共用スペースの無断占有
③拡声器などを使用して大音量を発したこと
④「署名提出行動」と称して3限の授業時間中に本部構内で太鼓・拡声器で騒音を発しながらの学内行進
⑤これらの迷惑行為を制止する職員への誹謗中傷等


①-まず、ベニヤ板25枚使った大看板をクスノキ前に設置したのは同学会中執ではなく学生有志だ。彼らがビラやTwitterで宣伝している通り、この大看板は全く「危険」ではなかった。職員20名が力尽くで倒そうとしてもビクともしなかった。ロープ用ハサミを持ち出し、ヘルメットも軍手も無しでクスノキによじ登り、最も強固な支えとなっていたロープを切ったのはほかでもない当局職員だ。最初から危険除去ではなく破壊と撤去を目的としていたのだ。

②-「共用スペースの無断占有」とは集会のことを別の言葉で言い換えただけだ。そして、「学内ルール」とは65年前の1951年2月28日に定められた「学内集会規程」のことを指す。いまでは全く形骸化・無力化していたルールだ。

③-当局は拡声器の音量が具体的にどのように「迷惑」だったのか主張することができない。実際にはいつもの同学会の宣伝以上に迷惑ではなかったからである。だから、③では「大音量がダメ」と言っておいて、④では「3限授業中だったからダメ」とわざわざ言い直しているのである。

④-「『署名提出行動』と称して」と、署名提出があくまで同学会の「勝手な自称」で、当局としては認めないと宣伝している。しかし、当局が本当に認めたくないのは、当日までに5000人以上の人々が「処分は撤回されるべき」という意思を表明してくれたという紛れもない事実である。

⑤-「誹謗中傷」とは「職員や山極総長・川添副学長への批判・弾劾の声」を別の言葉で言い換えただけだ。一切の話し合い・通告なく、「自分ルール」をもって数と暴力で押しわたろうとする当局職員に対し、学生から怒りの声が上がるのは当然である。

CtzZzKZVMAAGhpi.jpg

●集会禁止を打ち破った京大生の力
 このでたらめな文章に対する批判はいくらやってもきりがない。ただし、私たちが注視すべきは、京大当局がついにストライキにとどまらず集会、立て看板までをも禁止・破壊する側に立ったことへの「悲劇」ではない。昨年バリストは実行され、警察による逮捕も、のちに無罪釈放を勝ち取った。今回も10.3集会は開催され、京大包囲デモまで貫徹された。

有志の立て看板は破壊こそされたが、破片の運搬のために用意されたレンタルトラックは学生の抗議により出発することができず、撤去は断念された。そして、看板の全ての破片は取り戻され、クスノキ前に復元された。 

 つまり、京大生は当局と警察の暴力を跳ね返し、ストライキ、集会、立て看板設置の権利を実力で行使し続けているのだ。そこには認められる自由から勝ち取る自由への決定的な転換がある。10月3日はその転換点としてあったといえる。

 当局は同文書の中で、「迷惑行為」の主体を「一部本学学生を含む多数の学外者」という、全く意味不明の言葉で断定している。要は、京大生が当局の思惑を超えて立ち上がっていることを絶対に直視したくないのだ。しかし、現実は彼らの願いと真反対に進んでいる。
DSC_0271.jpg


●10.3で私たちは何を勝ち得たのか。
 北朝鮮の5回の核実験と、米日韓合同軍事演習。大学での自衛隊装備品研究の開始と反戦スト学生への停学処分……。学内集会規程のできた1951年と同じように朝鮮戦争とレッドパージが始まっている現代日本の京都大学において、私たち京大生は一歩も退くことなく立ち向かっている。
DSC_0025.jpg

集会禁止のプラカードを持ちビデオ撮影する当局職員、正門外から今にも突入しようとする機動隊、とりまく学生と市民、処分撤回を訴える自治会執行部。10月3日のクスノキ前には普段は隠された現代社会の矛盾がそのまま暴かれ映し出された。
Ct1wWHcUMAg12Qw.jpg

これこそが大学だ。 戦争阻止! 処分撤回! 集会禁止粉砕! 立て看板防衛! 全京大生はともに闘おう! 
2016-10-08(Sat)

10.3報告記事 文章①

DSC_0065.jpg

10月3日、「4学生への無期停学処分撤回 10.3京 大集会」が、京大当局による集会禁止(『告示第6号』、 65年ぶり)をうち破り、学生・労働者の大結集で行いました。
10・3集会が爆発することを恐れた京大当局は許し がたいことに、3日早朝7時過ぎ、50人の部隊を引き 連れて、京大生有志が作成した看板を襲撃し、破壊したのです! 破壊した立て看板を京大当局がトラックに乗せて撤去しようとしたところを、駆けつけた学生が抗議し、立て看板を取り戻しました。
Ctwpx-jUAAE9K31.jpg
DSC_0018.jpg


そして昼休み、破壊された看板を並べて、10・3集会をはじめました。4名の被処分者 が登場。同学会委員長・作部羊平くんは、京大当局による無期停学処分、 集会禁止、看板破壊を徹底弾劾し、 「もっと署名を集めて、もっと京大の現状を暴露して、社会問題化させよう。看板を撤去するなら、もっと 看板を立てよう。集会が禁止なら、もっと集会をやろう。学外者の活動を禁止するなら、全国・ 全世界の人たちと繋がり、ここに集めよう。支配と闘わな ければ、自由も自治も民主主義も手に入りません。安倍政 権の下で起きているあらゆる問題に対する怒りを、一つに 束ねよう。そして『平穏な教育研究環境』『大学の秩序』 のもとで進められる戦争に対して、大学全体を停止させる 盛大なバリケード・ストライキをやろうではありませんか!

安倍政権も山極体制もぶっ飛ばす歴史のうねりを、ここ から作り出していきましょう!」とアピール。これに続いて残る被処分者、京大生、京大OBが次々に発言し、京大当局に怒りをたたきつけました。

集会の場には京大職員数十名が、10・3集会を妨害・ 破壊するために来ていましたが、集会参加者の怒りの前にキャンパスの隅で棒立ち状態。集会後に8~9月に集めた 5161筆の処分撤回署名を提出する予定でしたので、その場に来ていた学生課長・藤田尚弥に、提出しようと向かったら、早朝の看板襲撃時の居丈高な態度から一変、全力疾走で逃亡していきました。
DSC_0247.jpg

署名を受け取らない京大当局を弾劾し、学内デモ→京大包囲デモへ! 多くの京大生から応援、京大付近の住民の 方々からの激励をいただきました。
無期停学処分の撤回を求める署名が、全国・全世界から 無期停学処分の撤回を求める署名が集まってきています。 4学生に対する無期停学処分を撤回させるため、年内3万筆を目指して大署名運動を共に実現しましょう!

そして、「10・21国際反戦デーin京都」に集まり、 京都から朝鮮戦争を阻む大運動を巻き起こそう!
2016-10-03(Mon)

25枚看板破壊弾劾!!

署名に書かれた怒りに向き合わず、ますます孤立し、弱体化していく大学当局と国家権力。
焦りに駆られた当局は、今朝学生の団結を破壊するために、クスノキ前25枚看板を破壊!ナンセンス!!みんなの団結した徹底抗議で、もめにもめ、残骸だけは取り戻しました。
かまぼこ5台、ジープ1台、府警100人が来ましたが、先ほど帰りました。背広はまだ10人ほど離れたところにいます。徹底弾劾し、昼集会を成功させましょう。

闘争の最新情報は同学会執行委員会のツイッターhttps://twitter.com/dgkec、もしくは
同学会執行委員会のFacebook
https://www.facebook.com/dougakukai/で公開しているので、よろしくお願いします。

10月3日当日の行程
11時50分 京大本部構内・時計台前集合
12時 京大集会開始
12時45分 第2回署名提出行動
よろしくお願いします。
2016-07-04(Mon)

代議員会の日程

先週より学内に周知ビラをまき始めていますが、6月18日の全学自治会同学会執行委員会において、同学会代議員会を7月19日(火)18:30より開催することが決定されました。

それに伴い、下記の要綱で代議員を募集します。代議員会は「本会常設の最高決議機関(第十七条)」であって、同学会が今後どれだけ豊かなものとして発展するかは、代議員会でどのような議論がなされるかによって決まります。

昨今の緊迫する大学情勢下、多くの学生が、立候補して下さるよう呼び掛けます。

<代議員の任務>
1 代議員の任務は代議員会の出席だけです。ですが、討論に参加してもらうために、一週間程前に代議員会資料を配布するので、事前に熟読しておいてもらいます。

2 欠席の場合は欠席理由書の提出が義務になります。欠席理由書が提出されずに無断欠席を続けた場合、代議員資格は失います(代議員会は原則、代議員しか出席できません)。

3 任期は半年とし、再選は認めます。

<代議員の選出>
1 代議員の選出は代議員会前までの運営会議で行います。運営会議で全会一致の否認決議が挙がらない限り、代議員は選出されます。

2 立候補は同学会の運営会議で受け付けます。次回運営会議はおってお知らせします。運営会議に参加できない場合は、下記の連絡先に名前、学籍番号、連絡先を送って下さい。個別で対応致します。

<代議員会の頻度>
1 規約では、代議員会は半期に2回召集することになっていますが、現在は力量の問題から半年に1回の頻度で開催しています。召集条件については規約に準じたいと思います。

全学籍者が代議員になれます。質問等があれば、dougakukai.kyoto@gmail.comまで連絡下さい。
プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター