2014-11-29(Sat)

11月27日 団結御礼 昼休み集会報告

写真 1

11月27日、京大同学会中央執行委員会は、くすのき前で、奪還された2人の京大生とともに「団結御礼☆11・27昼休み集会」を開催しました! 不当逮捕をうけて300筆もの救援署名が集まり、多くの学生が熊野寮への不当なガサ攻撃と対決するなど、獄中―キャンパスの団結した闘いで勝利した地平を報告するとともに、学生自治会をますます発展させようと訴えました。政治弾圧をうちやぶった2学生が元気に登場し、確信も固く訴えました。

それに応え、キャンパスでは圧倒的な注目と激励、「100人もの機動隊を寮に突入させるなど許せない」と警察権力・安倍政治への怒りの声が続々と寄せられました。台湾から来た観光客の女性は、学生が「安倍打倒」を掲げたデモに立ち上がっていることに感激し、マイクで訴える学生と記念撮影。通りかかった学生は足を止めて発言者の声を聞き、ビラに目を通していました。基調提起に立った作部羊平書記長の「破綻した安倍政権に代わって、学生・労働者こそが社会の主人公になろう!」という熱烈な訴えに続き、熊野寮自治会のメンバーが声明文を読み上げました。

集会終了後には、同学会中央執行委員会から山極総長に①11月4日の公安摘発事件について、当日の経緯と京都大学当局としての見解を全学に明らかにすること、②11月2日の京大生逮捕から13日の熊野寮家宅捜索という一連の事件について、京都大学当局としての見解と立場を全学に明らかにすること、を求める抗議文の提出行動を行いました。

京大生のみなさん!帰ってきた京大生2人は、今日も変わらず元気です!

中執 大森
2014-11-27(Thu)

団結御礼☆ 11・27昼休み集会へ 

逮捕されていた京都大熊野寮生2名が無事京都に帰ってきました。11月27日の昼休みは、支えてくださった皆さんに御礼申し上げるとともに、ますますの自治会の発展を祈願して、釈放記念集会を行います。ビラでもお伝えしていますが、2学生も登場します。ぜひ、昼休みは時計台くすのき前にお集まりください。


中執 大森
2014-11-27(Thu)

11月NF講演会 報告

写真 2

当日は、今月2日に東京でデモの最中に不当逮捕され、21日に無事不起訴・釈放された3名の学友のうち2名の京大生
も参加しました!

講演会ではまず、この間の京大での一連の攻防について作部書記長が基調報告(裏面参照)。つづいて、八尾北医療センター院長の末光医師の講演が行われました。自身の京大医学部での闘いを振り返るとともに今回の京大の件にも触れていただき、すばらしい講演となりました。佳境に入ると、いよいよ奪還された2学友からアピールです。2人とも意気揚々と登場し、救援活動への感謝と今後の抱負を述べました。質疑応答では、「いま自衛隊基地建設に反対していて、警察の監視が厳しくなっている。もし逮捕されたらどうすればいいか」「学生が物事に疑問をもっても、授業や就職活動に追われて運動できなくなってしまうことが多いが、どう変えていくか」などの質問が出され、講師や2学友、参加者も一緒になって活発な議論が生まれました。最後に司会の纐纈副委員長から、11月27日の3学友奪還報告集会への結集が呼び掛けられました。講演会には学内生、学外生、地域の労働者など延べ40名以上が参加し、成功裏に終わりました。

中執 大森
2014-11-22(Sat)

祝!釈放。

21日17時前、勾留満期を迎えた3人の学友が無事、 不起訴釈放されました。


以下、中執からみなさんへの声明文です。


11月21日16時半ごろ、2日の反戦デモにおいて逮捕されていた3名の学友が無事釈放されました。獄外での救援署名や救援カンパのおかげをもちまして、獄中での3人を完全黙秘・非転向を貫き通し、拘留満期で取り戻すことができました。獄内外の団結が生んだ大勝利です。ありがとうございました。
 大学における公安のスパイ活動や熊野寮に対する家宅捜索など、警察権力はますます運動に対して弾圧を強めていますが、今後とも皆様の団結を恃んで共に闘ってゆく所存でので、よろしくお願いいたします。

京都大学全学自治会同学会中央執行委員会


11月23日は釈放記念講演会を行います。
14時に、吉田南総合館西棟4階(共西41)に集まろう!(グラウンド南東部)



ナイスガッツ!パワフル魂!でもさすがに少し痩せたかな?
2014-11-19(Wed)

NFに末光道正医師来る!

11月祭(NF)期間中の11月23日に、同学会中執は講演会を行います。本講演会は、21日で拘留満期を迎える京大2学生の不起訴・釈放記念講演会にしたいと思っています。京大OBの末光道正医師も断乎来て、講演してくれることになりました。必ず不起訴・釈放を勝ち取ろう!



末光道正医師とは…
1970年安保闘争の京大闘士。京大病院での青年医師連合のストライキ闘争で作られた臨時評議会より、下水施設も通らず、病気が蔓延していた被差別部落であった西郡に医師として派遣され、以後40年近く現役で医師を続けており、八尾北医療センターの現院長である。

八尾北医療センターとは…
1946年天然痘が流行、行政による村内隔離で子どもを中心に200人が死亡した。これに対し51年に西郡平和診療所を開設。住民が資金と資材を出し合い医師も自力で捜す。全国発のトラホーム集団無料検診開始。82年4月八尾北医療センター開設。98年大阪府による病院民営化=売却攻撃が激化。00年八尾北医療センター労組を結成し反撃。03年末光院長解雇・大病院の乗っ取りを阻止。05年医療センター自主運営開始。10年市議会、医療センター明け渡し提訴2012年八尾市による明け渡し請求棄却の地裁判決。自主運営継続を勝ち取る。

共西41で14時からです。
プロフィール

京都大学同学会中執

Author:京都大学同学会中執
京都大学全学自治会同学会の中央執行委員会で運営する、オフィシャル中執blogです。
激動の大学情勢に喰らい付くぜ!

告示第五号、第四号について
2012年~再建過程について
→リンクから見れます。

運動へのカンパ求む!

ゆうちょ銀行からの振り込みの場合
【記号】14430
【番号】41856491
【名義】キョウトダイガクドウガクカイ

他銀行からの振り込みの場合
【店名】四四八(読み ヨンヨンハチ)
【店番】448
【預金種目】普通預金
【口座番号】4185649
【口座名義】キョウトダイガクドウガクカイ

集まった資金は学生自治会の発展に向けて、大切に使わせてもらいます。

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター